2015.07.24 Fri

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【東京ダービー直前企画】須賀雄大監督インタビュー「“名古屋”とやるような気持ちで府中戦に臨みたい」

CKfGGHwVAAQMdiX

僕らの底力が試される

——ただ、稲葉、諸江が名古屋戦で退場して、東京ダービーには出られなくなりました。太見も累積警告で出場停止です。

彼らはチームの屋台骨を作って来た選手です。3人がまとめて出られないことが、チームにとって影響があるのは間違いありません。別の選手で同じことをやるのか、今いる選手の中でできることをやるのか、そういう決断が求められると思います。

——府中は名古屋を6−0で倒したオーシャンカップ王者です。府中の印象は?

ライブ映像を見ましたが、改めて感じたのは府中は名古屋に相性が良いチームだなということです。サイズ感が劣らないですし、むしろ上回っているぐらいです。

名古屋のストロングであるフィジカルなどのアドンバテージを小さくできる。そうなってくると、普段はキープできていたところでキープできなかったりして、名古屋としてはやりにくい。

逆に、府中は対名古屋に自信を持っているし、そういう意識でチーム作りをしているんじゃないかと思います。僕らとしては“名古屋”とやるような気持ちで府中戦に臨みたいです。

——府中の谷本監督は須賀監督と同い年ですが、優勝したことは刺激になる?

まず、改めて「おめでとう」と言いたいです。人間として尊敬できますし。単純に”いいやつ”です。新しいチームが優勝することでリーグ全体の刺激になりますし、僕たちもそうやって盛り上げていきたい。

——改めて、「東京ダービー」の見どころをお願いします。

主力選手が出られませんが、そこで僕たちのチームの底力が試されると主増す。先週のオーシャンカップで経験を積んだ選手たちが、どうやって生かす。府中は個人の力が強いので、僕らがどうやって集団で対抗できるか。栗本博生、上村拓哉、青山達也など、バッファローズ(下部組織)でしっかり積み上げてきた選手がいますし、彼らのプレーも見てもらいたいです。ぜひ、26日は墨田区総合体育館に足を運んで、僕らの背中を押して下さい!

CKomjf6UwAE8Rt3

Super Sports XEBIO Fリーグ2015/2016第14節
フウガドールすみだvs府中アスレティックFC
7月26日(日)
14時キックオフ
墨田区総合体育館

チケット購入はこちら

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事