2015.07.21 Tue

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【オーシャンカップ】2015シーズン初の黒星にビクトル・アコスタ監督「負けたときに学ぶことは多い」

写真:本田好伸

決勝のカードが決まった時点で、多くの人は“絶対王者”名古屋オーシャンズの優勝を予想したはずだ。だが、クライマックスで待っていたのは、府中6−0名古屋という意外過ぎる結果だった。ビクトル・アコスタ監督は府中アスレティックFCのパフォーマンスを賞賛しつつ、「自分たちの戦いには悔いはない」と強気な姿勢を崩さなかった。
(文・本田好伸)

これが勝負の世界です

——決勝戦を振り返って。

 まずは府中のみなさん、優勝おめでとうございます。府中の選手は勇気のあるプレー、諦めないプレーを、みなさんが見たように、出し切っていたと思います。

 自分たちの戦いには悔いはありません。この負けは残念ですし、私が責任を負います。選手はすべてやるべきことをやりました。心から感謝しています。本当に誇りに思えるチームです。

 相手GKのパフォーマンスも素晴らしかったです。ポゼッションは私たちが勝っていたが、決定力では彼らのほうが上回っていました。シュートは多かったのですが、彼らのほうが有効にチャンスを生かしたということです。これが勝負の世界です。ゲームの流れも悪くなかったし、最大限のことはやりましたが、でも負けることもあります。

 負けたときに学ぶことは多いですし、大きなものを得られると思います。人生と同じです。精神的には選手が一歩成長できた試合だったのかなと。リーグでも13連勝、オーシャンカップでも(決勝まで)4勝して、今季はこれが敗れた初めての試合です。

 失点の形はカウンターとパワープレーから。やることはやりましたが、課題もたくさんあります。落ち着いたら今日の試合を振り返って、前向きに考えていきたいと思います。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事