2015.05.16 Sat

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【Fリーグ第3節】仙台・佐藤隆行監督「いい試合をしていて、運も味方につけている」

写真:本田好伸

前節、府中アスレティックFCに2−0で勝利する“ジャイアントキリング”を起こしたヴォスクオーレ仙台。バルドラール浦安のホームに乗り込んだ第3節では、1−3で敗れたものの前半を無得点に抑えるなど健闘を見せた。今シーズンから就任した佐藤隆行監督は選手の頑張りを讃えた。

選手はロボットではない

佐藤隆行監督(ヴォスクオーレ仙台)

——今日の試合を振り返って。

うちにもいいプレーが多くあった中で、相手がそれを上回るプレーを数多くしてきたので非常に苦しいゲームでした。(2点差付けられた後に1点を返して)吹き返した命があって、そこでもう少し選手や僕自身に強さがあればもうちょっといいゲームになったのかなと思います。

――監督が言う“強さ”とは?

パワープレーを見てもらえれば分かると思いますが、パスミスだったり細かい部分のミス、体の向き、パスのズレで押されてしまったので、そこを突き詰められることが強さだと思います。

――(コイントスで)ベンチを逆にした意図は?

戦術的なところです。仮にパワープレーを選択することになった場合、パワープレーに入る選手のことを考えてピッチを逆にしました。狩野新が左サイドに入るので(交代がしやすいサイドということ)。

――去年と比較しても戦力的には劇的にアップしていないと思うが、いいゲームが続いている要因は?

選手が3試合よく頑張ってくれています。それは僕が新米だからだと思います。僕がいろんなアドバイスをして、選手各々が判断してプレーできているので、これが続けば選手がもっと自立して、状況に応じて判断、決断してプレーを実行できると思うので継続していきたい。もちろん、選手の自立をうながしつつも、こちらも決まりごとなどの道筋を立てるが、選手はロボットではないので状況に応じて選手が判断できるようにやっていきたい。

――この3試合は1勝2敗という成績ですがいかがでしょうか。

いい試合をしていて、運も味方につけているとは実感しています。今日の試合にも僕らにもチャンスはあったが、決定機は相手が上回っていたので、まだまだ足りないと思います。

――ベタ引きからカウンターのイメージがあるが、今日の試合に向けた対策は?

前回は、2−0で前半を終えたのですが、僕らには勝って折り返すイメージがなくて引いてしまいました。そうなることはある程度分かっているので、今年はまずディフェンスがあってのカウンターとシステムの攻撃がある。今日は多少なりとも進歩が見えました。システム攻撃とは、クワトロでパス回しをしていて、相手の状況を少しでも打開したら手数を掛けずにシュートまでいくことです。もちろん、それが無理ならポゼッションを高めて、再びゴールに向かうと。それに加えて、GKからのロングボールも武器で、切り替えの部分は点が入るのでそこは常に狙っています。目的は常にゴールだということは選手にも植え付けています。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事