2015.05.07 Thu

Written by EDGE編集部

Fリーグ

「日本人になって、ずっと日本で暮らしたいんです」。イゴールが日本語で語った、日本への深過ぎる愛情

写真:本田好伸

今シーズン、町田のキャプテンに就任したのはGKイゴールだった。2シーズン連続でリーグベスト5に選出されている守護神は、メディアとも通訳なしで会話ができるほど、日本語も上達している。仙台に快勝した開幕戦後、新シーズンの話、そして噂されている日本国籍取得について話を聞いた。
(文・河合拓)

キャプテンは多数決で決まりました

――開幕戦を勝利で終えることができました。

「良かったです。開幕戦は、誰もが緊張するもの。近くへのパスをミスしたり、僕で言えば簡単なシュートを止められなかったり、子供のようなミスが出やすい試合です。その試合に勝てたことは、本当に大切です。みんな緊張感をコントロールして、試合に集中できていたと思います。戦術面でも多くのチャンスをつくることができて、そこも良かったと思います」

――失点がゼロというのも良い結果ですね。イゴール選手の活躍が目立っていました。

「私だけが原因ではありません。フィールドプレーヤー全員が、しっかりと相手に寄せていました。それが本当に大事。フィクソ、アラ、ピヴォ、みんなが守っていました。仙台にパワープレーをされたときは、少し対応が遅れて危ない場面もありました。でも、最初の試合だし、それは仕方がないところです」

――大地選手が抜けた穴は埋められそうですか?

「悪くないと思います。大地さんみたいな選手は、大好きです。相手に強く行くことができます。同じような選手は、いないと思います。でも、みんなしっかりディフェンスしてくれています。大地さんはいませんが、みんな10試合、15試合と重ねていくことで、もっと守備も強くなると思います」

――初戦で2ゴールのボラについては?

「さすがですよね。彼は町田に来て、今日の試合で2点取ったことで、自信も付き、より多くのゴールを決めてくれると思います。いままで、練習のときからすごく頑張っていました。毎日の練習でも走って、今日の試合で結果を出したことでチームメイトの信頼も厚くなったと思います。たとえば、ボラがオフェンスでミスをしたときも、しっかりカバーに入るとか。守備への切り替えが遅くなったときも、みんなでフォローするとか。それに値するだけの、特別な決定力があることを示してくれたと思います」

――イゴール選手のコメントがキャプテンっていう感じですね。

「ブラジルのクラブで、キャプテンはやったことがあります。日本では、今シーズンが初めてです。ちょっと違いますよね。練習中は問題ありません。私は日本語をたくさん間違えますが、チームメイトは分かってくれます。問題はメディア対応とイベント対応ですね。それは、ヤバい(笑)。私は敬語で話したいのですが、難しいです。友達やチームメイトは、『分かる、分かる』と言ってくれますが、メディアやファンにもしっかり対応したいので不安です」

――岡山監督の推薦でキャプテンになったのですか?

「選手間の多数決です。キャプテンに選ばれたのは嬉しかったのですが、岡ちゃん(岡山監督)に『イゴールがキャプテン』と言われたときは、『マジで?』と思いました。チームメイトは大丈夫ですが、メディア、イベントが心配だったので。でも、いまは、それももっと日本語を上達させるためのチャンスだと思っています」

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事