2015.05.07 Thu

Written by EDGE編集部

Fリーグ

新生フウガが本当に強くなるために必要なこと

すみだのカギを握るのはシェフ

 対戦した名古屋の北原亘も、今シーズンのすみだを警戒する。「正直なところ、すみだは、まだフィットしきっていないという感じを受けました。多分、新しいことをやろうというのがあるのでしょう。今日は、それを無理にやろうとしすぎて、今までの良さが消えていた部分もありました。でも、『これがフィットして来たら怖いな』というイメージが残った試合でもあります」。

 森岡薫も北原に同調する。「(すみだは、)まだ噛み合っていない部分があるのかなと思いました。逆に噛み合ってしまうと、またイヤなチームになりそうです。今日も、長くボールを持たれた時間帯もあったので。そういう意味では、2戦目、3戦目での対戦の方が、イヤな試合になりそうだなと思います」。

 これまで、すみだに在籍していた選手たちが、新加入選手たちに気を使っている部分もあるのかもしれない。「今日の試合でも、もう少しベンチから盛り上がっていいのかなと思った」と、西谷は首をひねった。

「すみだはベンチが、もっとうるさかった印象でした。でも、今日はおとなしかったし、淡々とやり過ぎたと思います。ちょっと、らしくないところがあったけれど、打ったら響く選手がたくさんいると思うので、そういうところも自分から打っていけるようにしたい。そうすれば、若手もついてくると思いますし、より一体感が生まれてくると思います」。

 昨シーズンの終盤には破竹の勢いで勝ち点を重ねたすみだ。そこに西谷らが加入して、選手層は厚くなった。そして彼らは、懸命に新チームに溶け込もうとしている。となると、今シーズンのすみだのカギを握る人物は、一人しかいない。

 自身とも深いつながりのあるすみだのキーマンを、北原は独特の言い回しで挙げた。「良い食材はそろっているのでね。良い料理をつくるためには、あとはシェフの腕次第。須賀シェフが、どれくらいのチームをつくっていけるか、ですよね」。

 

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事