2015.05.07 Thu

Written by EDGE編集部

Fリーグ

新生フウガが本当に強くなるために必要なこと

写真:河合拓

フウガドールすみだは、2日の開幕戦でリーグ8連覇中の王者・名古屋オーシャンズに3-5で敗れた。しかし、新戦力を多く加えたすみだについて、名古屋の北原亘が「彼らが取り組んでいる新しいことがフィットしてきたら怖いなというイメージが残された試合」と言えば、森岡薫も「2戦目、3戦目の方がイヤな試合になりそう」と、そのポテンシャルを警戒する。今シーズン、すみだに加入した西谷良介も敗戦の中に、大きな可能性を見出していた。
(文・河合拓)

ワクワクより不安な気持ちが強かった

 7シーズンに渡って過ごした神戸を離れ、西谷良介は今オフ、すみだに加入した。新天地で開幕戦を迎えるにあたっては、「準備期間も短かったですし、自分の中では、ワクワクしているというより、不安な気持ちの方が強かったです」と心境を明かす。

 その試合、すみだは開始1分も経たないうちに名古屋から先制点を挙げたが、そのリードを守り切ることはできず。点差を広げられると、終盤にパワープレーから2点を返したが、3-5で黒星スタートとなった。

 それでも、西谷、稲葉洸太郎、渡井博之らが加入したすみだは、昨シーズンよりも戦いの幅を広げられそうな片りんを見せた。『切り替えゼロ秒』をコンセプトに据えるすみだだが、引いた相手に対してもギャップを使える西谷、ドリブルで守備ブロックを崩せる稲葉が加入したことで、これまで以上に遅攻の場面で迫力が出そうだ。

 チームから求められていることについて、西谷は「ゲームをつくるところ、リズムをつくるところは要求されていると思います」と言い、「縦に急ぐところはフウガの良さだと思うので、その良さを消さないようにしつつ、ボールを保持して相手を走らせる時間、自分たちの時間をつくることが、自分の役割だと思います」と続けた。

 守から攻への切り替えで右に出る者のいないすみだ。その独特な戦い方に順応する必要性を強く意識している西谷だが、カウンターに出る場面では、まだ出足が遅れる場面があった。特に新加入の稲葉、渡井らとセットを組んだ後半は、そのすみだらしさは消えたが、一方で名古屋を相手にもボールを保持する時間帯をつくった。

 西谷は「まだまだですね」と、試合内容には満足できていない様子だったが、「それでも、自分たちが突きつめていけば、もっと相手に脅威を与えられる感触は受けました。結果は負けましたが、伸びしろを感じられる試合でした」と、今後への希望を見出していた。

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事