2015.04.30 Thu

Written by EDGE編集部

インタビュー

【開幕直前インタビュー】府中・谷本俊介監督「渡邉知晃には前を向いてプレーさせたい」

2年連続でプレーオフ進出を逃した府中アスレティックFC。今シーズンもチームを託された谷本俊介監督にとって、勝負の年となることは間違いない。渡邉知晃、永島俊、完山徹一など実力者を補強したチームには、何よりも結果が求められる。
(文・北健一郎/futsalEDGE編集長)

皆本不在でも去年ほど落ちることはない

――町田とのトレーニングマッチは4−9で敗れましたが。

スコアのところはあまり気にしていません。それよりも、スコアに至った内容のほうが重要です。あとは戦術の浸透度、メンバーの起用法のところを確認できたので、良かったですね。

――キャプテンの皆本晃が欠場していたが?

調整中です。開幕に出られるかどうかは微妙なところですね。

――ゲームを作れる皆本がいるかいないかは府中にとって大きい?

大きいです。でも、彼の不在があったとしても、新しい選手も入ってきて全体の底上げはされているので、去年に比べれば、そこまで差は出ないと思っています。

――新戦力として渡邉、永島が入りましたが。

永島はアラとしてプレーします。アラには動き回るタイプと、ボールを持って仕掛けるタイプがいますが、永島はボールを持って仕掛けるタイプとして能力が高い。渡邉はピヴォとしてボールを収められますが、後ろからピヴォにパスを当てたり、シュートを決めたりする能力があるので、そこも含めて期待しています。

――今日は小山と渡邉がダブルピヴォのような形で出ていましたが。

名古屋でもやっていたので、渡邉はうまくこなしてくれています。ただ、小山に関しては多少アジャストするまでに時間がかかるかもしれません。ピヴォとアラで入れ替わって、お互いがパスの出し手と受け手になるプレーが出るようになればと考えています。

――完山が戻って来たことについては。

彼はベテランとして、ゲームを締めることができる選手。渡邉や皆本も安心感を持ってプレーできるんじゃないかと思います。

――開幕1週間前での仕上がり具合は?

ピークからすれば60〜70%ぐらいですかね。リーグ戦を戦いながら作っていく感じにはなるのかなと。軸が変わってしまうので、そういう点では他のチームよりも時間がかかるかもしれません。

――今シーズンの目標は?

プレーオフに行くことが最低限の目標ですが、本心としてはもっと大きなことを成し遂げたい。ただ、そこに関してはまだ胸の中に秘めておきます(笑)。

150424_img_index01

大会名称
SuperSports XEBIO Fリーグ2015/2016 代々木セントラル第1節(開幕戦)

開催日
5月2日(土)
第1試合 13:00 フウガドールすみだvs名古屋オーシャンズ
第2試合 16:00 ヴォスクオーレ仙台vsペスカドーラ町田
第3試合 19:00 府中アスレティックFCvsアグレミーナ浜松

5月3日(日)
第1試合 12:00 バサジィ大分vsシュライカー大阪
第2試合 15:00 湘南ベルマーレvsバルドラール浦安
第3試合 18:00 エスポラーダ北海道vsデウソン神戸

■会場
東京・国立代々木競技場第一体育館

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事