2015.04.28 Tue

Written by EDGE編集部

インタビュー

【開幕直前インタビュー】すみだ・渡井博之「須賀ちゃんの本気を感じた」

かつてフウガの10番を背負い、地域王者に導いた天才プレーヤーが帰ってきた。6年ぶりの復帰となる渡井博之は、監督であり、友人でもある指揮官のために自分の力を注ぐ決意を固めている。
(文・北健一郎/futsalEDGE編集長)

ボールを支配して、点を取りたい

――久しぶりにフウガに戻って来て、変わったなと思うところはありますか?

でも、主要メンバーはあんまり変わってないので。あの雰囲気を残しつつ、若い選手の勢いは増しているのかなと。

――どうして戻ってきたんでしょうか?

須賀ちゃんからのラブコールですね(笑)。僕と須賀ちゃんは友達のような関係なので、「またやろうぜ」とはいつも言われてたんですけど、オフィシャルなものではなかった。ただ、今年はちょっと違ったというか。僕がこっちに来るための条件だったり、仕事面だったりも用意してくれて、情熱を感じたというか。須賀ちゃんがそこまで言うなら行くよ!と。そういう感じですね。

――フウガに移籍してから、会社に就職したんですよね?

フウガのスポンサーをしている「ヤマト電機」に就職させてもらいました。主に倉庫の棚卸しをしたりとか、備品管理とかをやっています。

――就職したのは人生で何回目ですか?

ちゃんと就職するのは初めてです。本当に、みんなすごいなと思いますよ。仕事で疲れた身体で練習して、Fリーグの試合をこなしてっていうのは、簡単じゃないです。たぶん、(デウソン神戸から移籍してきた)西谷もそう感じてると思いますよ。

――デウソンとは生活サイクルも変わってきますよね。

そうですね。今までは朝練習だったので。でも、フウガでは夜練習して家に帰ったら12時ぐらいですし、次の日も朝から仕事がある。早めに慣れていかないと。

――チームとしての手応えはどうですか?

まだまだ噛み合ってない部分も多々あると思いますけど、やりながら、すりあわせていくしかないですね。ただ、フウガにはヒューマンパワーがあるので、何とかなるんだろうなとは思ってます。あとは、オレとか、パッシャン(西谷)、(稲葉)洸太郎くんが来たことによってパワーアップもしないと。速い攻撃だけじゃなくて、ボールを支配しながら、ゲームを作っていて、点を取って勝つというところを、3人はやっていかないといけない。フウガの良さと、自分たちの良さをうまく融合していきたいですね。

150424_img_index01

大会名称
SuperSports XEBIO Fリーグ2015/2016 代々木セントラル第1節(開幕戦)

開催日
5月2日(土)
第1試合 13:00 フウガドールすみだvs名古屋オーシャンズ
第2試合 16:00 ヴォスクオーレ仙台vsペスカドーラ町田
第3試合 19:00 府中アスレティックFCvsアグレミーナ浜松

5月3日(日)
第1試合 12:00 バサジィ大分vsシュライカー大阪
第2試合 15:00 湘南ベルマーレvsバルドラール浦安
第3試合 18:00 エスポラーダ北海道vsデウソン神戸

■会場
東京・国立代々木競技場第一体育館

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事