2015.04.28 Tue

Written by EDGE編集部

インタビュー

【開幕直前インタビュー】すみだ・西谷良介「パッシャンって呼ばれてません(笑)」

今年のオフ、多くのフットサルファンに驚きを与えたのが、西谷良介のフウガドールすみだ移籍だった。デウソン神戸のシンボル的存在だった“パッシャン”は、なぜ関西を飛び出して、関東へ戦いの場を移したのか。
(文・北健一郎/futsalEDGE編集長)

この決断が間違っていなかったと思えるように

――いきなり変な質問ですが、フウガではパッシャン(西谷のニックネーム)って呼ばれてないんですね?

呼ばれてないです(笑)。ここに来て、初日に「良介」になりました。ただ、マークの受け渡しのときに「パッシャン」って言われたりすることがあって、みんなもまだ慣れてないのかなと(笑)。

――デウソン神戸でずっとプレーしてきて、初めての移籍、しかも関東に行くというのは大きな決断だったと思うのですが。

そうですね。ずっと神戸でやってきましたが、年齢も年齢ですし、目指しているワールドカップが近づいてきた中で、環境を変えて、自分の成長につなげられればと。それで、変えるなら大きく変えようと思って、フウガを選びました。

――稲葉選手や渡井選手と違って、西谷選手とすみだには接点があまりなかったように思いましたが、なぜすみだだったのでしょう。

対戦していて、すごくチーム力があるなと感じましたし、1人の人間としてのパワーがすさまじいものがあるなというのはピッチ外でも感じました。1人の選手としても、人間としても成長できる場所かなと思いました。

――西谷選手は神戸ではプロとしてプレーしていたと思うのですが、フウガは基本的には全員アマチュアですよね。実際にどういう形態でプレーするのでしょうか?

神戸のときもスクールはやってましたし、そこに関しては基本的には同じですね。

――フウガでの生活サイクルは?

お昼からスクールがあって、そのままずっとやって、夜9時からチーム練習をするというサイクルです。

――全然違う?

全然違いますね。大学を卒業して、大学のときは授業を受けた後に練習をしていて、神戸でも最初の2年ぐらいは練習が夜だったんですけど、5年ぐらいは午前練習だったので。もう少し早くフィットするかなと思っていたんですが、全然追いついていないです。練習のときにはちょっと疲れているなという感覚があるので。そのあたりのメリハリだったり、スイッチの入れ方だったりは他の選手を見習いたいなと思っています。フウガの選手は誰1人言い訳しないし、練習でも全力を出すので。足を引っ張らないように、しっかりついていけるように、頑張っていきたいなと思います。

――西谷選手が入ることで、フウガはどのように変わっていくと思いますか?

自分の特長を出すよりも、まずはフウガというチームのやり方や戦術を飲み込まないと。それこそ、自分が入ったことでバラバラにしちゃう可能性もあるし、もっともっと話し合ってやっていくことを大前提に、自分が持っているゲームを作る能力や、流れを読む力を、チームに落とし込めればと。チーム全体を底上げできるように、引っ張っていけるように、頑張っていきたいです。

――個人としての目標は?

自分は新人ではないと思っているし、確固たるポジションをつかんで、チームの勝利に貢献できるように頑張っていきたいし、2ケタ得点も目指していきたい。期待されているのはわかっているし、自分の決断が間違いじゃなかったと思えるように、やっていきたいです。

150424_img_index01

大会名称
SuperSports XEBIO Fリーグ2015/2016 代々木セントラル第1節(開幕戦)

開催日
5月2日(土)
第1試合 13:00 フウガドールすみだvs名古屋オーシャンズ
第2試合 16:00 ヴォスクオーレ仙台vsペスカドーラ町田
第3試合 19:00 府中アスレティックFCvsアグレミーナ浜松

5月3日(日)
第1試合 12:00 バサジィ大分vsシュライカー大阪
第2試合 15:00 湘南ベルマーレvsバルドラール浦安
第3試合 18:00 エスポラーダ北海道vsデウソン神戸

■会場
東京・国立代々木競技場第一体育館

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事