2015.03.08 Sun

Written by EDGE編集部

Fリーグ

「質の高さ」だけで客は呼べるのか。フットサル界が「プロ」になるために必要なこと

写真:本田好伸

プレーオフでシュライカー大阪は名古屋オーシャンズを相手に素晴らしい試合を演じた。だが、「フットサルの魅力がふんだんに詰まった試合」を会場で実際に見届けたのは、たったの1002人だけ。質の向上と、観客数の増加。フットサル界は2つの大きなテーマと、どのように向き合っていくべきなのか。
(文・本田好伸)

プレーオフ終了後、木暮監督から直接言われたこと

935R5690

 今シーズンもFリーグは名古屋の優勝で幕を閉じた。いつもと同じ結果。でもいつもとはちょっと違う内容だった。リーグ5位でプレーオフに進んだ大阪が1stラウンド、2ndラウンドを勝ち、Finalラウンドで王者に挑んだ。そして初戦を引き分けると、続く第2戦も40分で勝利を収め、最終決戦の「延長戦」に持ち込んだ。

 最後は、0−0のスコアで始まる「延長戦」で、継続されたファウル数や蓄積した疲労なども影響し、目の前で名古屋の8連覇を見ることになったが、名古屋を追い詰めたチームとして、大阪の戦いぶりは多くの者の心を動かした。

 筆者は先日、「木暮vs米川バトル」なるコラムを書いた。Fリーグの今後を考えた上での問題提起をしたつもりだ。でもそれは、木暮賢一郎監督の意に反する内容のものでもあったようだ。

 今シーズンのFリーグ最終戦を終えた後、筆者は木暮監督と直接話す機会を得た。試合が終わったばかりのオーシャンアリーナの入り口で、木暮監督は筆者にこう言った。

「そもそもうちのパワープレーは時間稼ぎが狙いではない。そういう分析、考察があの記事には抜け落ちている」。

 もっともな指摘だった。筆者のコラムはそういう意味で誤解を招く可能性を秘めたものであったし、その点においては思慮が足りなかったのかもしれない。ただ単なる感情論を述べたわけでもなければ、パワープレーをすることで試合をつまらなくすると言ったわけでもなかった。

 事実、プレーオフの戦いを通じて大阪はパワープレーの価値を改めて示した。大阪が用いた戦術はそれだけではなかったし、スコアや試合の状況、相手の出方、ゲームの流れなど、様々な要素を踏まえた上でパワープレーという策を最大限に利用した。木暮監督自身は、これを「5対4」と表現する。「パワープレー」という言葉が独り歩きすることを嫌い、あくまでも戦術的に、その時々に執る最良策の一つとして、数的有利を作って主導権を握る、リズムを作る、もしくは相手の勢いを封じることなどを目的としているものだ。

 選手たちも、「監督がその意図を示してくれるから、これは何を狙うパワープレーなのかが明確でやりやすい」と、プレーの目的を理解することで信念がブレることなく戦えていた。だからこそ名古屋を追い詰めることができた、と言い替えることもできる。試合の状況に応じたプレーができることで、パス回しやプレッシング、セットプレーなど、あらゆる技術を高い次元で駆使できていたし、その引き出しの多さやプレーの幅の広さは秀逸だった。

 点を取っては取り返し、リードしては追い付かれという展開的な面白さもさることながら、フットサルとしての質の高さは申し分なかった。だからフットサル観戦初心者にも中級者にも上級者にも楽しめる試合になっていたと感じた。それは紛れもなく大阪が示したものであり、木暮監督が就任したこの1シーズン積み重ねてきたものすべてだった。

 木暮監督は試合後の記者会見で、「見ていた人がこのゲームを“正しく”伝えてほしい」と語った。だからというわけではないが、その部分はしっかりと評価したいと思う。大阪が強さを示し、大阪のアイデンティティやフットサルの哲学は素晴らしいものだと感じさせた。意図のある、「戦況を見極めた5対4」は、王者・名古屋を本当に苦しめていた。それを見る限り、パワープレーという戦術は非常に有効であり、観客の興奮を誘うものだと言うことができるだろう。

 つまり、パワープレーという戦術は、相手に追いすがって一発逆転を狙うことを目的とする以外の場面で使ったとしても、そこからどうなるかは相手の出方次第であり、試合の展開次第でもある。相手が奪いにくれば白熱するし、来なければ間延びしてしまうかもしれない。1点を争う緊迫感の中では、手に汗握る攻防となるかもしれない。最終的に、その戦いをどう感じるかは観客の見方次第である。

 そう、観客次第なのだ。僕がこのゲームを見て本当に伝えたいのは、「観客」のこと。現在のFリーグは、観客数が少なく、今シーズンの最後に行われた一番ハイレベルな攻防を会場まで見に来たお客さんはわずかに1002人。これが今、最も大きな問題だと感じている。

<次ページ>
「結果」や「質」だけではお客さんは増えない?

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事