2015.03.05 Thu

Written by EDGE編集部

Fリーグ

「どこを狙えばいいかわかっていた」(ヴィニシウス)。名古屋GKを丸裸にした大阪のスカウティング

写真:本田好伸

プレーオフ・ファイナルの2試合で4ゴールの活躍。シュライカー大阪が、名古屋との2連戦を1勝1分けという結果で乗り越えられたのは、このブラジル人ストライカーのゴールがあったからだ。しかし、その活躍も虚しく、チームは延長戦に敗れ準優勝に。プレーオフ・ファイナル直後のインタビューで、「これまでのキャリアで一番悔しい」と唇を噛んだヴィニシウスだが、「シュライカーが良いチームだというのは伝わったはず」と、自分たちの戦いぶりに胸を張った。

(文・河合拓/futsalEDGE編集部)

昨日の試合に勝てなかったことがすべて

 

シュライカー大阪 ヴィニシウス

 

―プレーオフ・ファイナルの2試合で4ゴール。素晴らしい活躍でした。

「ありがとう。でも今は、フットサルを初めて、これまでのキャリアで一番悔しい状態。2日間、すごく頑張った。シュライカーの選手、すごく、すごく頑張った。名古屋は強いし、アウェーでの試合は本当に難しい。リーグ戦でも難しいけど、2日間の試合はもっと難しい。さらに名古屋にはアドバンテージもあったけど、それはルールで最初からみんな分かっていた。だから、昨日の試合に勝てなかったことがすべて。昨日の試合に勝っていたら、今日も40分で勝って、延長に入る前に終わっていたから。シュライカーは若いチームだから、もっと経験が必要だとは思うけど、良いフットサルを見せた。やっている選手も楽しかったし、見ている人も楽しかったと思う。シュライカーが良いチームだというのは僕らだけじゃなくて、見ている人にも伝わったはず」

 

―本当に良い試合でした。大阪の選手たちは、よく走っていましたね。

「だから、今日は悔しかった。試合が終わった後、ロッカールームに入ったら、みんな泣いていた。みんなすごく疲れている。2日間、すごい激しい試合をした。名古屋の選手たちはフィジカルも強い。僕らはフィジカルも厳しかったし、メンタルも疲れた。スポーツ選手として準備はしっかりしたけど、優勝できなかった。良い仕事をしたけど、どこかにミスがあったから、この結果になった。もう一回、ゼロからどこにミスがあったのかを見て、良かったことは続けて、ミスを失くしてやっていきたい。でも、この2日間は日本のフットサルにとって、すごくポジティブな2日間だったと思う。ネガティブなこともあるけれど、それ以上にポジティブなことがあると思う」

 

―今日、ヴィニシウス選手が決めた最初のゴールはセットプレーからでした。

「そうだね。CKからだったね。今週は、すごくCKとキックインの練習をやっていた。試合の中で、1点か、2点、そこからチャンスがあると思っていたし、そこで決められれば勝てると思っていた。(自分の)2点目は、あれがオレの仕事。ピヴォでボールキープして、左にターンして、斜めのシュート。GK篠田のどこを狙えばいいか分かっていたからね」

 

―第1戦の終了後、「定永GKコーチから、すべての試合で相手GKの弱点を聞いている」と話していましたね。今日は対角線上に、低いシュートというのを狙っているのが、分かりました。

「あれは定永さんに言われていた。本当にスタッフが、すごく良い仕事をしてくれたから、シュライカーはここまで来ることができたし、彼らのためにも優勝したかった」

 

―2週間後にはPUMA CUPがあります。そこで名古屋にリベンジ?

「リベンジっていう考え方はしない。PUMA CUPで優勝することだけを考える。どこが来ても、絶対に勝つんだということだけを考える。リベンジになれば、もっと面白いと思うけど、それは周りが考えればいい。僕たちは勝つことだけを考える。2日か、3日か、ゆっくり休んで、それからPUMA CUPのことを考える。予選からの出場ではないのは、僕たちにとっては、すごく良かった。1週間リラックスして、次の週からゼロからPUMA CUPのためにトレーニングをする。今日は悔しかったけど、しっかり切り替えて、PUMA CUPでもう一回100%出せるように頑張ります」

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事