2019.07.12 Fri

Written by EDGE編集部

コラム

COPA Futsal EDGE優勝チームのブリンカールFCが国際大会「イタリア・モンテシルヴァーノカップ」で世界4位に!

2019年3月21日に開催された第4回COPA Futsal EDGE。30チームの頂点に立ったBRINCAR FCと、優秀選手によって構成されたCOPA Futsal EDGE選抜が、イタリアで開催されるモンテシルヴァーノカップU-13へ参加した。

 

世界中から参加チームが集まる国際大会

2019年3月21日に開催された第4回COPA Futsal EDGE。30チームの頂点に立ったBRINCAR FCと、優秀選手によって構成されたCOPA Futsal EDGE選抜が、イタリアで開催されるモンテシルヴァーノカップU-13へ参加した。

BRINCAR FCは世界4位と大健闘

モンテシルヴァーノカップはは世界各国からチームが集まって行われる大規模ボな国際大会だ。

今回2チームが出場したU-13カテゴリーにはイングランド、ウクライナ、フィンランドなどのヨーロッパ勢、オセアニア(オーストラリア)、南米(コロンビアなどが参加。

他カテゴリーには、スペインの名門クラブ、インテル・モビスターの下部組織なども名を連ねていた。

日本王者のBRINCAR FCは、バーモントカップ愛知県予選の決勝大会を戦って、すぐに飛行機に飛び乗ってイタリアへ。試合当日に現地に到着し、すぐに初戦を迎えるという強行軍となった。

無敗で予選リーグを突破し、決勝トーナメントでも準決勝まで勝ち進んだが、PK戦の末に決勝進出はならず。それでも、初出場で4位になったのは大健闘と言っていい。

国内大会の優秀選手によるCOPA Futsal Edge選抜は上位トーナメントに勝ち上がるものの、12チーム中8位でフィニッシュ。イタリアの地でしっかりと爪痕を残した。

全国優勝を目指して……

BRINCAR FC古居代表は、海外遠征を通して多くのことを感じ取ったという。

「我々のイメージ以上に子供たちはたくましく戦い、環境に順応できる柔軟性があることを今回のイタリア遠征で教えていただきました。そして自分たちが海外でも通用する部分を体感できたことは自信になったと思います」

裏・バーモントカップと呼ばれる「COPA FUTSAL EDGE」を制し、国際大会で貴重な経験を積んだBRINCAR FCは、バーモントカップで日本一を目指す。

「たくさんの人達に夢と感動を与えられるような熱い試合をしたいと思います。全国優勝目指して頑張ります」

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事