2019.05.12 Sun

Written by EDGE編集部

コラム

関西フットサル界隈で名を轟かせる最強フットサルサークル「F.C.BANBi」とは?

futsalEDGEでは大学生の同好会・サークルで上を目指すチームを取り上げていく。第1回は「関西最強フットサークル」と呼ばれる追手門学院大学のF.C.BAMBi。ゼロから立ち上げられたチームは、体育会フットサル部との強化試合やイタリア遠征などサークルの域を超えた積極的な活動を行なっている。

関西同好会最強と呼ばれるチーム

F.C.BAMBi_190501_0008

追手門学院大学にはフットサル部が無い。それにも関わらず関西学生フットサル界隈で追手門学院の名前を聞くことが多いのはF.C.BANBiの存在があるからである。

F.C.BAMBiは現在70名程が所属するフットサルサークルである。前代表の石川が、入部した際は人数も少なく、活動も少ない活発とは言えない状況だった。

石川は当時をこう振り返る。
「大学は勉強するところだが、それだけでは面白くない。たとえ人数が少なくても活動は続けて、いつでもみんなが集まって楽しめる空間にしたかった」

石川が加入後、週1回のペースでトレーニングを続けていった。コーチや監督がいるわけでもなく、フットサルに詳しい選手もいないBAMBiはトレーニングでは必ずビデオを撮り、みんなで改善点を話し合った。

トレーニングだけでなく徐々に民間の大会にも出るようになり、次々とタイトルを獲得。彗星の如く現れたBAMBiの名が関西に一気に広がった。翌年も出る大会のほとんどで優勝を飾り、関西同好会チームで最強との声も聞かれるまでとなった。

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事