2019.03.25 Mon

Written by EDGE編集部

コラム

第4回COPA Futsal EDGE優勝は「BRINCAR FC」! ジュニアの強豪30チームの頂点に立つ。

3月21日に開催された第4回COPA Futsal EDGE。決勝戦は昨年優勝チームのmalva fcとバーモントカップの常連でもあるBRINCAR FCという組み合わせとなった。白熱した試合を制したBRINCAR FCが2-1で勝利して4回目にして初優勝。イタリアで行われる国際大会「モンテシルヴァーノカップ」への参加権とイタリアへの航空券を獲得した。

決勝戦はmalvaとBRINCARに

2019年3月21日に第4回COPA Futsal EDGEが開催された。本年で4回目になる今大会は、年々と地方からのチーム参加も増え、裏・バーモントカップとも称されるようになっている。

IMG_3899

IMG_6879

全30チームが参加し繰り広げられる試合の頂点のチームには、イタリアで開催される国際大会「モンテシルヴァーノカップ」への参加権とイタリアへの航空券が贈与される。昨年の優勝チームであるmalva fcは、スペインで開催された国際大会にて優勝をし、日本のフットサルを世界に広めた。

極寒の中で行われた昨年とはうって変わって、晴天に恵まれた第4回。参加チーム数は30チーム、述べ参加人数は約300名がZOZOPARKに集まった。

【参加チーム一覧】※順不同
AS KOFU/ボカジュニアーズ/BOA SC/FAVERZE 千葉/コブランサ/CONFIANCA FC/LAZOS FC/フウガドールすみだエッグス/井戸っ子boys/BRINCAR FC/修徳FC/FC TRIANELLO Machida/malva/Lesbleus/P.S.T.C. LONDRINA DOIS/FCアンビシオン/フィルーラSS/P.S.T.C. LONDRINA UM/津ラピドU-12/千代田FC/malva fc/FC HIGH-LOWS東京/gatt2008/BRINCAR GINGA/BFC/港南ユナイテッド/FITA 2008/PROVA FUTSAL CLUB/鹿島アントラーズジュニア/FC REGALO

予選リーグから力を見せたのは、昨年優勝チームのmalva fc。初戦から2桁得点と、その強さを示し、全チームから注目を浴びた。また、昨年2位のボカ・ジュニアーズジャパンも予選リーグを全勝。安定した試合運びからその力を発揮した初出場のFCアンビシオンも全勝で予選を勝ち抜いた。

決勝トーナメントには、バーモントカップ常連のBRINCAR FC、フットサル強豪のP.S.T.C.ロンドリーナ、第2回優勝チームのFCトリアネーロ町田も順当に決勝トーナメントへ進んだ。

決勝トーナメントに入ると、さらに試合は、ヒートアップした。

準決勝に駒を進めた、FC REGALO、malva fc、ボカジュニアーズジャパン、BRINCAR FC。

BRINCAR FCとボカジュニアーズジャパンとの試合は開始直後にボカジュニアーズジャパンが先制し攻撃力とパワーを見せたがBRINCAR FCもチーム力をみせ、互いに撃ち合いの試合となったが、最後には4-3とBRINCAR FCが準決勝を勝利し決勝へ。

また、malva fcとFC REGALOは、malva fcが昨年スペインにて最優秀選手賞を受賞した中屋光廉選手を筆頭に持ち前の個の強さをみせ、4-0と前年度チャンピオンの力をここでも発揮した。

決勝は、バーモント常連のBRINCAR FCと昨年チャンピオンのmalva fcのまさに頂点を決める決勝となった。多くの観客がピッチを囲み、注目する決勝となった。

キックオフから、拮抗した試合が続いた。BRINCAR FCは前からのプレスにより、malva fcの攻撃を抑え、速攻からゴールを狙う。malva fcは、前線からのプレスを個人技で剥がし、サイドから攻撃を仕掛けていった。

先制したのはBRINCAR FC。malva fcのチャンスはBRINCAR FCのGKの好セーブに阻まれ、同点弾を奪えない。後半に入り、また目の離せない攻防が繰り広げられた。

malva fcがFKのチャンスをとり、サインプレーから最後はねじ込み、同点に。誰もがこのままPKになると思ったが、試合終了間際、BRINCAR FCが右サイドをはがし、ゴール左上へシュートを突き刺し、これが決勝点となった。BRINCAR FCは4回目の出場でCOPA Futsal EDGE初優勝を飾った。

4620693218553789615.95883513F4BC89EA465A620B7905EB40.19032109

4620693218553789615.89B8F209AE2287B9F1E2A8F37DE430CE.19032109

4620693218553789615.B92A95F893F63B87B395EAB4D11C3745.19032109

優勝したBRINCAR FCは、イタリアのラツィオやインテルモビスター、ブラジルなどの育成アカデミーが参加するモンテシルヴァーノカップへの参加権と航空券が授与されたほか、協賛のアールズコートから全員にリュックサック、Optiealからプロテイン3種が贈与された。国際大会でもその実力を発揮し、日本に優勝カップを持ち帰って欲しい。

COPA Futsal EDGE 大会Facebookページ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事