2019.03.18 Mon

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【伝説の証言者】勝ち越し弾、決勝弾を奪った男。「ヒューマンパワーにあふれたフウガが果たした役割」(荒牧太郎)

写真:本田好伸

【伝説の証言者】FUGA MEGUROはなぜ日本一になれたのか? 7人が明かす「史上最高の下克上」の真実 Witness 4

 

フットサルを始めて1年足らず。フウガとしての公式戦出場は数えるほどしかなかった。そんな荒牧太郎は、全日本選手権大会決勝の大一番で、最高の仕事をやってのけた。序盤で奪った勝ち越し弾、終盤に奪った決勝弾。この2つの大きな結果を残して、大会MIPに輝いた。あれから10年。荒牧は今、誰よりも日本フットサルの発展を願う選手の一人となった。彼の中で、選手権優勝とは、フットサルで生きると決断する決定打だったのだろう。日本最高峰の舞台で見せたフウガのヒューマンパワー。荒牧がフットサルに情熱を注ぐきっかけとなったのは、このクラブにしかない人間力だった──。
(取材・文・構成 本田好伸)

荒牧にとって日本フットサルがリアルになった瞬間

 フウガは名古屋オーシャンズとの決勝で2回、勝ち越した。

 1-1で迎えた14分、自陣でボールを奪うと、中央やや左から持ち上がった荒牧太郎は、ゴレイロとの1対1を決め切った。この試合、名古屋に先制を許したものの、同点に追いつき、勝ち越せた意味は大きい。

 4-1とリードして迎えた24分、北原亘をゴレイロにした名古屋に、シジネイ、マルキーニョス、木暮賢一郎と立て続けにゴールを奪われ4-4に。名古屋はパワープレーを継続。会場は、名古屋の圧倒的優位の空気に包まれていた。そんな中で迎えた35分、フウガはゴール前左でFKを獲得すると、キッカーの荒牧が蹴ったボールが直接ゴールへと吸い込まれた。壁に立っていた2枚のうちの一人、シジネイが動いてできた穴をすり抜けたのだ。「壁は動いてはいけない」とは、世界中の競技フットサルのセオリーだ。ブラジルでプロキャリアを持つシジネイの、痛恨の、というか不可解なミスによって、フウガは5-4と勝ち越した。

「シジネイとかすげーなって。マルキーニョスのシュートもマジか!って思っていました。でも、立ち上がりの得点とか、自分たちのやり方がこんなにハマるんだという部分もありました。僕がカウンターで入れたゴールも、ちょっとしたフェイントにシジネイが過剰に反応してくれましたし、FKもシジネイが熱くなって来てくれた。そういう要素がないと、あの展開にはならないですね。特殊でした。10回やって1回勝てるかどうかというタイミングを持ってこれた。もちろん、そのための準備もしていましたけど、幸運もありましたね」

 決勝点を含む2つの勝ち越し弾を挙げた荒牧は、大会MIPに選出された。もっとも印象的なプレーを見せた選手に贈られる「Most Impressive Player」。まさにその表現通りの活躍だった。

「最高でしたよ。フットサルに転向する時に、須賀(雄大)さんから『新しいスポーツをするつもりでやってね』と言われました。日本一とか、日本代表になる可能性は『サッカーだと厳しいんじゃないか。でもフットサルは、お前ならちゃんと謙虚にやればありえるんじゃないか』って。だからあの時、僕は須賀さんに『(日本一に)なっちゃいましたね』と言ったんです。本当になれると思わなかったですねって」

 荒牧は、このシーズンからフットサルを始めたばかり。途中、星翔太と一緒にブラジルのクラブに入って3カ月ほどの短期修行をするなど、スポンジのようにフットサルのイロハを吸収していったものの、「まだ素人だった」と自己評価している。Fリーグに対しても「よりレベルの高い舞台」というくらいの認識しか持っていなかった。

「ブラジルにいた2008年は、ちょうどブラジル開催のワールドカップがあって、日本代表は開幕戦で1-12の大敗。チームメートにはバカにされましたね。須賀さんの影響で(日本代表の北原)亘さんや(稲葉)洸太郎さんなんかは知っていましたけど、あんなにうまい人がこんなにやられてしまうのかと」

 だから荒牧にとって日本代表もリアルなものではなかった。一方で、こんな思いも抱いていた。

「今の差が1-12なら、このまま5年、10年といけばもっと差が開くから、フットサルを盛り上げて、お客さんを増やして、完全なプロ化にしないと勝てないだろうと。つまり、プロ化すれば勝てなくはない。世間知らずだなと思いますけど、俺でもやれるんじゃないかという気持ちがどこかにあった。それを信じて、今もフットサルをやっているんですけどね」

 2008年のブラジルでの体験から2009年3月の全日本選手権大会に掛けて、荒牧の中でパズルのピースがそろっていったのかもしれない。日本一になったものの、Fリーグの強さ、名古屋の強さをリアルに体感したことで、「よりレベルの高いところでやりたい」という思いが強まっていく。

「こんなやつらがいるんだ」。そんな純粋な興奮と向上心が、その後の活力となったのだ。

<次ページ>
Fリーグのライバルとなったフウガ

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事