2019.03.17 Sun

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【伝説の証言者】スタンドで涙を流した男。「出られない悔しさがなかったのはあれが最初で最後だった」(渡邉知晃)

フウガが示したのは、スポーツでもっとも大切な価値

03_伝説の証言者_渡邉知晃_sub_02

 世の中には「結果がすべて」という考え方があるが、おそらくそんなことはない。

 渡邉の言葉で思い出したのは、元J2の徳島ヴォルティスの井筒陸也(現・Criacao Shinjuku/関東サッカーリーグ2部)が、自身のnote「敗北のスポーツ学」で語っていた「意味のない勝利」というフレーズだった。彼は、関西学院大学で日本一を経験した時に、歓喜に沸く仲間との集合写真の中で、後方にいる後輩たちの喜びとは違う表情を見て、スポーツの世界は「結果がすべて」ではないと気がついたのだという。「日本一」という分かりやすい結果はみんなを等しく幸せにするものだと信じていたが、実際に日本一の頂で見たものは、チームメート全員が幸せになるような光景ではなかったのだと。

 渡邉はあの瞬間、スタンドにいながらフウガで最高に幸せな体験をした。

「僕の人生の中で、試合に出ていなくてあんなに喜べたのは、たぶん最初で最後だと思います」

 決勝でメンバー入りできなかった彼のその後は、華やかなものだった。もともとFリーグ志向だった渡邉は、「Fリーグでは常にこういう戦いができる。上を目指したい気持ちが強くなった」とステラミーゴいわて花巻に移籍すると、最下位に沈んだチームにおいて16得点をマーク。その結果、名古屋オーシャンズからのオファーをもらい、翌シーズンからチャンピオンチームでプレーする機会を得た。「知晃は名古屋にいけたことがものすごく大きかった」と須賀監督も話したほど、彼にとってこのステップアップは重要だった。

「仮に、相手の実力も評判も上であったとしても、全員が一致団結して同じ方向を向いて、懸命にやることで勝つことができるという経験をあの時に知った」

 渡邉は、フウガで培ったメンタリティを自らの足で証明していった。森岡薫や助っ人外国人など、前線で結果を出す強烈な個性の中で、渡邉の存在感は決して大きかったわけではない。しかし、名古屋に移籍後に初出場したAFCクラブ選手権でも、クラブ初のアジア制覇を引き寄せるゴールを挙げるなど、大舞台で勝負強さを見せた。シュート力があり、印象的な得点も多い彼を、ミゲル・ロドリゴ前日本代表監督も招集し続けた。

 ハイライトは2017シーズン。府中アスレティックFC(現・立川・府中アスレティックFC)へ移籍していた渡邉は、リーグ戦33試合で45得点をマーク。その2シーズン前にシュライカー大阪のヴィニシウスが打ち立てた48得点の記録に迫る数字で得点王に輝いた。2018シーズンを終えてFリーグ通算272試合・171得点。その数字は堂々たるものだ。

 月並みだが、あの時代のフウガは、誰かの人生を変える力を持っていたのだろう。

 キャプテンの佐藤亮は大会期間中「船を降りるなよ」と仲間に話していたという。それはシーズンを通して、みんなが同じモチベーションのレベルを維持していられるかどうかということ。深津と同い年の渡邉は当時22歳。そういう若手選手を含めて、全員で支え合うことで彼らは最後まで同じ船に乗って進み続けた。

 もちろん、フウガの優勝によって敗者が生まれ、喜びとは反対の感情に触れた人はたくさんいる。しかし逆に、フウガに関わる人は等しくすべてが「日本一=嬉しい」という感情を覚えた。それはきっと、スポーツにおいて最も大切な価値の一つだろう。フウガとは、クラブに関わる全員を幸せにできるチームだった。

Interview & Directed, Key Visual by Yoshinobu HONDA

SUGA-FA_#02

“フウガ・メソッド”のすべてを学ぶ。全5回のオンライン講習会「SUGA FUTSAL ACADEMY」が開講!

【Contents】【伝説の証言者】FUGA MEGUROはなぜ日本一になれたのか? 7人が明かす「史上最高の下克上」の真実に迫る

Witness 1 フウガ・イズムの生みの親と伝道師。「奇跡のチームはこうして生まれた」(須賀雄大監督&金川武司)
Witness 2  決勝の出場時間はゼロ秒。「あの試合がなければFリーグを目指していなかったかもしれない」(深津孝祐)
Witness 3 スタンドで涙を流した男。「出られない悔しさがなかったのはあれが最初で最後だった」(渡邉知晃)
Witness 4 勝ち越し弾、決勝弾を奪った男。「ヒューマンパワーにあふれたフウガが果たした役割」(荒牧太郎)
Witness 5 狂犬と呼ばれいたあの頃。「頭の中の理性と野生が共存していた」(星翔太)
Witness 6 奇跡のチームのその後のストーリー。「ただの通過点」(須賀雄大監督)と「達成感」(金川武司)
Witness 7 10年後の名古屋のキャプテン。「あの大会から、自分を含めた物語が始まった」(星龍太)
Afterword あとがきにかえて。「10年前と10年後の彼らが、“今”を生きる僕たちに教えてくれたもの」

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事