2018.11.07 Wed

Written by EDGE編集部

全国大会

国内最大級のジュニア年代のフットサル大会。「COPA Futsal EDGE」の第4回が3月21日開催決定!

Facebook用

2016年3月にジュニア世代へのフットサルの認知向上と選手のスキルアップを目的としてスタートしたCOPA Futsal EDGE。これまで全国大会常連チームやJリーグ、Fリーグの下部組織、バーモント優勝チームなどが参加し、ハイレベルで熱い戦いが繰り広げられてきた。その第4回大会が、2019年3月21日(木・祝)に千葉県ZOZO PARK HONDA FOOTBALL AREAにて開催が決定した。

ジュニアの強豪が集まる「裏バーモントカップ」

messageImage_1541071177729

2016年3月にジュニア世代へのフットサルの認知向上と選手のスキルアップを目的としてスタートしたCOPA Futsal EDGE。
これまで全国大会常連チームやJリーグ、Fリーグの下部組織、バーモント優勝チームなどが参加し、ハイレベルで熱い戦いが繰り広げられてきた。その第4回大会が、2019年3月21日(木・祝)に千葉県ZOZO PARK HONDA FOOTBALL AREAにて開催が決定した。

この大会は、国内の強豪チームが集まり、ジュニア世代のNo.1を決める大会となり、「裏バーモントカップ」とも呼称されるようにもなった。何よりも、目玉なのは、大会優勝チームは、ヨーロッパで開催される国際大会への出場と航空券(15万円分/1人相当)が贈呈されることだ。

messageImage_1541071325813

第1回から3回までは、世界30カ国が集まるスペインのコスタブランカカップに参加してきたが、第4回からはイタリアで開催されるモンテシルヴァーノカップに参加する。同大会にはラツィオやインテル・モビスター、ウクライナ選抜といった強豪が毎年のように参加。イタリアサッカー協会・フットサル協会公認の世界大会だ。

第3回優勝チームのmalvaと日本選抜は、スペインで行われたコスタブランカカップに参戦すると、どちらも決勝まで勝ち上る快挙を達成(優勝はmalva)。ジュニア年代の日本のレベルの高さを本場スペインに見せつけた。

今大会は、どのチームが世界大会への挑戦権をつかみとるのか。ハイレベルな熱戦が繰り広げられることは間違いない。また、優勝チームだけでなく、大会優秀選手も同国際大会に選抜チームとして参加できる個人賞も用意されている。

チームで、そして、個人で--世界への扉を開いてほしい。

【開催概要】
大会名:第4回COPA Futsal EDGE
日程:2019年3月21日(木・祝)
時間:9:30-17:00(予定)
会場:ZOZO PARK FOOTBALL AREA(千葉市美浜区若葉3丁目2-17)
対象:2007年4月2日生以降の選手
大会参加費:15,000円/チーム
形式:予選グループステージ、決勝トーナメント方式(最低保証試合数:4試合)
優勝特典:イタリア・モンテシルヴァーノカップへの出場権、航空チケット(14万円相当)の贈呈
個人特典:大会優秀選手は、セレクションを経て、フットサルエッジ選抜としてイタリア・モンテシルヴァーノカップへ参加。
【モンテシルヴァーノカップ】
イタリア・モンテシルヴァーノで開催される名門ラツィオや、フットサル世界一のインテルモビスターの下部チームが参加する大会。期間は、6月22日(土)〜7月1日(月)
申し込み方法: こちらのお申し込みフォームよりチーム登録してください。
Facebookページ:COPA Futsal EDGE Facebookページ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事