2018.07.23 Mon

Written by EDGE編集部

Fリーグ

スペイン・ビッグ3へ挑戦する清水和也。「世界最高峰の選手たちと早く戦えるように」。

写真:本田好伸

フウガドールすみだ&日本代表の清水和也が、スペインリーグのエルポソ・ムルシアFSへ移籍することが発表された。エルポソはインテル・モビスター、FCバルセロナと並ぶ“スペイン・ビッグ3”の一つ。名門チームだけにBチームからのスタートとなるが、すみだでもサテライトからエースに駆け上がった清水は「世界最高峰の選手たちと戦えるように、圧倒的な結果を残したい」と意気込む。
(取材協力 ヒュンメル)

スペインのビッグ3へ移籍

フットサル日本代表でフウガドールすみだの清水和也が、スペイン1部リーグのエルポソ・ムルシアFSへ移籍する。「Bチームからのスタートですが、世界最高峰の選手たちと早く戦えるように、圧倒的な結果を残したい」と話す。

「一番は、世界最高峰の選手たちがプレーするリーグで、自分がどう活躍できるか。文化の差や言語、食事、プレースタイルなど、適応まで時間はかかるとは思いますが、目の前にチャンスがあり、すべてが自分のためになる。ネガティブな要素は何ひとつないと思っています」

清水が移籍するエルポソは、インテル・モビスター、FCバルセロナとともにスペインビッグスリーに数えられ、リーグ戦の優勝回数はインテルに次ぐ5回を数える。2017/2018シーズンは3位。清水は、まずこの名門クラブのBチームでプレーすることになる。

「トップチームはスペインやブラジルなど多国籍なメンバーからなります。ただ、下部組織からトップに上がった選手もいて、起用もされている。誰にでもチャンスがあるチームですね。自分は、まず、Bチームでプレーします。それでも予想しているよりも大きな衝撃を受け、苦しむと思いますが、目標からぶれずに時間を費やし、自分の可能性を信じて、Aチームでのプレーを掴み取りたいと思っています」

HND_2924

<次ページ>
W杯で勝利するために

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事