2018.06.06 Wed

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【女子Fリーグ】女王アルコはエース・江口の5ゴールで流経大に貫禄勝ち。「勝てたことが一番大きい」(神戸監督)

写真:本田好伸

チャンピオンチーム、アルコイリス神戸は開幕戦は今季から女子Fリーグに参入した流経大メニーナ竜ケ崎と開幕戦を戦った。前半は1点差ながらも、日本代表でもあるエース・江口未珂の5ゴールの大活躍もあって7-1と大勝。神戸洋平監督は「開幕戦なので、勝てたことが一番大きい」と安堵の表情を浮かべた。
(取材・文 舞野隼大)

流経大は技術が高かった

神戸洋平監督(アルコイリス神戸)

開幕戦なので、勝てたことが一番大きい。でもまだまだチームのミスがありましたし、修正点もあるので、次節に向けてそれを改善しながらチームで取り組んでいきたいです。

--流経大の印象を。

情報がない中で、やってみないとわからないということでしたが、若いチームなので技術があって、走るだろうとそれを警戒していました。実際にやってみて、やっぱり技術が高くて、対策が少し大変でした。

加藤正美(アルコイリス神戸)

昨シーズンの初戦は、なかなか自分たちのフットサルができなかったのですが、今日は自分たちのプレーにみんなが専念してくれて、一生懸命やってくれた結果、勝つことができて良かったです。

--選手から見た流経大の印象は。

前半の最初は、前からプレスに行って、そこで足元がうまい選手がいたので、そこに対して試合中に声がけをして、ディフェンスをどうするかを話し合っていました。後半はそこが改善できて、ミスも減りました。フィジカルはサッカーをしていることもあって強さを感じたので、そこを負けないように私たちもやっていきたいなと思います。

<関連リンク>
流経大メニーナ龍ヶ崎 1-7 アルコイリス神戸(女子Fリーグ公式サイト)

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事