2018.06.06 Wed

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【女子Fリーグ】北海道は開幕戦でサイコロに1-5の完敗。「ここから這い上がっていきたい」(菅野監督)

写真:本田好伸

立川立飛アリーナで行われた女子Fリーグの開幕戦で、エスポラーダ北海道イルネーヴェはさいたまサイコロに1‐5で敗戦。昨シーズン最下位に終わった北海道を率いる菅野大祐監督は「僕たちが頑張らないと日本のフットサルはレベルアップしない」と巻き返しを誓った。
(取材・文 舞野隼大)

もったいないゲームをしてしまった

菅野大祐監督(エスポラーダ北海道イルネーヴェ)

昨シーズン1勝もできずに終わってしまい、今年こそはという思いで今回を迎えました。どんな準備をしたら勝てるのか、選手と共に考えながら試行錯誤した中でフィジカルベースで相手を上回ろうと頑張りましたが最後、失速してしまいもったいないゲームをしてしまいました。

セットプレーの精度を高くして失点を減らしていこうというプランでしたが、前半2失点してしまい、自分たちが追わなければいけない立場になりゲームを落としてしまったのが要因となり、今日の大きな敗因でもあると思います。

劣勢になるゲームは予想されてる中、自分たちはどうやって戦わなければいけないのか。もっとボールを保持して高い強度の中でのミスが続いてしまったので次はそこを改善して試合に臨みたいです。

僕たちが頑張らないと日本のフットサルはレベルアップしないので下から這い上がって良い試合、良いリーグになるように追い上げていきます。

――新しい選手が加入し、戦い方が変わったと思いますがサイコロの対策はどのように考えていましたか?

セットプレーをしっかり守り、カウンターで攻めるプランでした。サイコロさんは長い距離で裏を取ってスペースに走ってくるチームなので、マンツーマンでマークを付き前からプレスをかけて相手のゴール前でボールを奪ってシュートまで持ち込みたかったんですが、前の方でプレスはかからずカウンターを狙っても精度が低かったのでチャンスを生み出せませんでした。

石戸田さつき(エスポラーダ北海道イルネーヴェ)

セットプレーからの失点が2点と遠目からのシュートでの失点で、もったいないなと感じました。遠目から打たれたシュートというのはファーストディフェンダーの距離感が遠かったのも要因でしたのでしっかりと練習で改善していきたいです。

――新しい選手が加入し、戦い方が変わったと思いますがサイコロの対策はどのように考えていましたか?

フィジカル的なことに関すると1対1のボールでの運びのところでしかっりと練習でやってきたので去年と比べて違うかなと思います。

<関連リンク>
さいたまサイコロ 5-1 エスポラーダ北海道イルネーヴェ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事