2018.06.02 Sat

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【オーシャンカップ】“事実上の決勝戦”を制した名古屋。「ファンタスティックな試合だった」(ペドロ・コスタ監督)

写真:本田好伸

「Sfida Fリーグオーシャンカップ2018」の準決勝は、今季のFリーグで優勝候補と見られる、名古屋オーシャンズとペスカドーラ町田の組み合わせとなった。2年連続優勝がかかる名古屋は、大型補強を行った町田を6-3で下して決勝進出。ペドロ・コスタ監督は「接戦で、追いかける状況でしたが、選手が冷静さを見せて、逆転してくれました」と胸をなでおろした。
(取材・文 本田好伸)

西谷の状態はまだわからない

ペドロ・コスタ監督(名古屋オーシャンズ)

まず、一つ目としては選手お疲れ様ですと伝えたい。ファンタスティックな試合を見せてくれました。非常に高いレベルのフットサルでした。こういうゲームこそ、日本のフットサルのレベルを上げてくれます。ミスもありましたが、当たった部分、いいプレーもありました。課題も残りましたが。やりたいことも多く出ました。気持ちも非常に良かったと思います。接戦で、追いかける状況でしたが、選手が冷静さを見せて、逆転してくれました。

ポイントは、チームとして選手が戦ったこと。本当に、ポイントとなる相手で、薫選手の得点力を見せていました。逆にうちはチームとして戦って、最終的に結果を手にしました。一人一人の役割を果たしたゲームでした。ここからは明日の試合に向けて調節をして臨みたいと思います。

--西谷良介選手がケガでアウトしたが、大丈夫そうか。

彼はこれから診断をすることになります。まだはっきりと状況、状態はわかりません。少しずつ痛みが出ているようなので、体が冷えてしまうので後で診断をしてからになります。

--現時点での完成度が高い。選手がそれほど変わらないことのメリット。逆に刺激を入れないといけないなど、心がけていることなどはあるか。

同じベースで始められることはチームワークの部分では、最初の大会でも新しくなってしまうとまとまるまでに個人差がありますから。なので今年はぺピータと星翔太だけなので、合わせることはありますが、ベースはあります。なので去年の強い名古屋でいられる。

プラス、新選手の起用方法で強くなれる。チームワークを保てることが大きい。ぺピータも星翔太も特徴が強いので、彼らがより生きる。そこはまだ時間が必要だと思う。チームとしてはトランジションの強度や、得点につなげるところ、守備を整えるところが修正、レベルを上げていけるところ。そこはチームのベースになるので常に、緩みがないように見直して行く。見直して、研究もされるので、相手の逆をついて修正をしていくことで強化していきたい。

星龍太(名古屋オーシャンズ)

今日は追う展開にはなったのですが、ファウルトラブルとか、特に点を取る時間帯、落ち着かせる時間帯がうまくはまった結果勝てたのかなと。3失点は僕たちのミスがかなりあったので、修正できると思うし、どのチームに対しても調整しないといけない。そこをできたらもっと試合をコントロールできたのかなと。

--落ち着かせる時間帯。大事なプレーとは。

(後半の)最初の失点はもったいないというか、入り方で僕たちがボールを取れそうでもリスクをかけないで時間を作らないといけない。でも失点したが、そのあとは守備からしっかりと入れたところがポイント。リスクをかけずにパスを回して時間を作れたし、そこで相手もイケイケムードだったところをリセットできた。そこから追加点を取れた。落ち着かせる時間を長く取れたことが勝ちに繋がったと思う。そこで慌ててしまうと追加点を取られて追い込まれてしまうと思う。

<関連リンク>
ペスカドーラ町田 3-6 名古屋オーシャンズ(Fリーグ公式サイト)

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事