2018.03.19 Mon

Written by EDGE編集部

コラム

浦安の守護神・藤原潤の言葉から考える“気持ちの入ったディフェンス”の正体とは?

写真:本田由伸

全日本フットサル選手権準決勝。バルドラール浦安がシュライカー大阪をギリギリまで追い詰めた。最終スコアは3-3(PK3-4)。追い付かれてのPK負けという悔しさの残る結果にこそなったものの、気持ちの入った戦いぶりは称賛に値するものだった。だが、この日浦安が健闘した理由は単に「気持ちが入っていたから」なのだろうか? 試合後、この日抜群の存在感を見せた浦安の守護神・藤原潤に話を聞くと、トップレベルの選手たちが繰り広げるコンマ数秒のなかでの攻防が見えてきた。
(取材・文 福田悠)

藤原が見せた論理的な「顔面ブロック」

HND_0474

 大阪のブラジル人たちは、何度駒沢体育館の天井を見上げただろうか--。彼らの思惑通りと思われたシュートは、ゴール目前で何度も跳ね返された。最終的にPKで敗れはしたものの、浦安のベテランゴレイロのプレーは傑出していた。

 現在35歳の藤原は、もうかれこれ10年近くにも渡り日本代表に名を連ねてきた国内屈指のゴレイロだ。決して派手な横っ飛びを連発するタイプではない。むしろ、藤原の真骨頂は「身体を倒さずに止めるプレー」にある。

 経験に裏打ちされた鋭い読みと的確なポジショニング、鋭い出足でボールの正面に入り、相手の間合いを読み切ったブロックを連発。大阪戦ではブラジルトリオとの駆け引きでも互角に渡り合い、好セーブを連発した。

「大阪のブラジル人は全員シュートが強烈なので、ゴール下に残って反応で勝負するのは難しいんです。なのでシュートの瞬間はできるだけ前に詰めて、身体でシュートコースを消すようなプレーを心掛けていました。かと言って前に出るのが早過ぎると、彼らは味方を使ったり別の選択肢に切り替えてくるので、ギリギリまで我慢して、シュートが来る直前に詰めるようにしていました」

 大阪や名古屋のブラジル人選手たちが厄介なのは、ただ単に「シュートが速くて正確」なだけでなく、「常に最もゴールの確率が高い選択肢を選べる」からだ。彼らは自らシュートを打てそうな状況であっても、より状態の良い味方がいれば迷わずラストパスに切り替えてくる。また逆に「ここはパスでくるだろう」と思われるような場面であっても、相手ゴレイロや相手FPが先読みをしていると察知した途端、遠めや角度の少ない所からでも躊躇なくゴールを狙ってくる。

「本当にその瞬間、瞬間でプレーを切り替えてくるし、常に複数の選択肢を持ちながらこちらの動きを最後まで見ています。シュートを打つつもりでモーションに入っても、本当にギリギリのタイミングでフェイントに切り替えてくることもあるし、ファーが空いたと分かればそっちにラストパスを出してくる。守る方としてはほんの少しでも判断を誤ったらやられてしまいます

 その時の状況(敵・味方の位置取りやボールホルダーの体勢など)にもよるが、基本的には先に動いたら負けである。現に浦安ベンチでも、タイムアウトの際に高橋健介監督から「ブラジル人がボールを持ったときは最後の最後まで相手をよく見ろ」という指示が出ていたそうだ。

 前半16分のヴィニシウスのシュートの場面などは、両者の駆け引きが見られた分かりやすいシーンだ。相手陣内の左サイドでボールを持ったチアゴがドリブルで中へ切り込みながらタメを作り、左前に追い越したヴィニシウスへラストパス。ヴィニシウスがダイレクトで狙ったシュートはゴール上に決まったかに見えたが、ペナルティーエリアいっぱいまで飛び出した藤原が見事顔面でブロックした。

 このプレーを、単なる「ガッツ溢れる顔面ブロック」で済ませてはいけない。ヴィニシウスが走り込んでくるのを視野に捉えつつも、少しでも先に動こうものならチアゴの直接シュートが飛んでくる。「おそらく次のタイミングでヴィニシウスに出してくるだろう」ということを想定しつつも、パスが出る瞬間まで我慢して、ボールが移動しているコンマ数秒の間に一気に寄せてコースを消す。最終的にボールの正面に入れているからこそ、顔に当てることができているのだ。

 刻一刻と移り変わるピッチの状況を見ながら、次の展開を先読みすることは当然必要不可欠だが、かといって相手より一瞬でも先に動いてしまえばその逆をつかれる。ほんの一瞬の判断ミスや、それこそ数センチのポジショニングのズレが命取りとなる世界だ。

「前半、アルトゥールに直接FKを決められた場面ではその駆け引きで逆を取られてしまって。あの場面だけは悔いが残ります」

 試合後、藤原はそう悔しさを滲ませたが、この日はその失点を補って余りある活躍を見せた。決定機を阻止したのは一度や二度ではなく、後半、3-3の同点に追い付かれてからも決定的なシーンを何度も止めていた。藤原の好守が無ければ、PKはおろか延長までもつれ込むこともなかったかもしれない。

<次ページ>
シュートコースを狭めるための極限の戦い

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事