2018.03.16 Fri

Written by EDGE編集部

コラム

関口優志と篠田龍馬。名古屋オーシャンズの3冠を支えた“2人の正ゴレイロ”。

ともに代表レベルだからこそ成り立つ競争原理

HND_4420
 
 篠田は関口ほどの派手さはないものの、リーグ屈指の安定感を誇るゴレイロだ。身体能力の高さでは関口に軍配が上がるが、正確なポジショニングやリーグNo.1の呼び声も高いスローイングなど、関口を凌駕している部分も多い。
 
 16-17シーズンのFリーグプレーオフ2ndラウンドの対ペスカドーラ町田戦。名古屋の10連覇が幻と消えたその試合で、篠田はピッチに立っていた。敗戦後のミックスゾーンで、「これからずっと背負っていかなければならない敗戦」と試合を振り返った。名古屋での在籍歴が長いからこそ、その責任を誰よりも重く受け止めていたのだ。
 
「今季は絶対にリーグ優勝しないといけない。そして優勝が決まったその瞬間に、必ずピッチに立っていたい」(篠田)
 
 今季の開幕当初からそう話していた篠田。1月のプレーオフ決勝では、その言葉通り、優勝決定の瞬間をピッチで迎えた。様々な思いが込み上げてきてもおかしくない状況だろう。だが、優勝が決まった直後の篠田の表情はいつもと変わらず、いたってクールだった。
 
「今回ばかりは優勝したら泣いたりするのかなーとも思っていたんですけど、いざ終わってみたらホッとした気持ちの方が強くて、思ったほど喜べなかったです。気付いたらもう、次の選手権のことを考えてました」(篠田)
 
 目標を達成してもなお決して満足しないそのメンタリティは、王者・名古屋のゴールマウスを守るに相応しいものだ。
 
HND_2699
 
 一方、Fリーグでは篠田の後塵を拝した関口も、その悔しさを糧にコンディションを上げ、全日本選手権では見事正ゴレイロの座を勝ち取った。
 
「リーグ戦ではなかなか試合に出られず悔しい思いをしました。だからこそ、この選手権に懸けていましたし、何としても自分が出て優勝するんだ!という気持ちで今日までやってきました。結果を出すことができて本当に良かったです」(関口)
 
 選手権決勝では、味方が先制した直後の大阪・ヴィニシウスのシュートを身を呈して防ぐなど、幾度となく決定機を阻止。鋭く正確なロングスローで八木聖人の追加点の起点にもなるなど大車輪の活躍を見せ、1点差での勝利に大きく貢献した。
 
 日本代表の関口と、タイプは異なるもののそれと同じレベルにある篠田。「レギュラーゴレイロを固定せずに競わせる」というペドロ・コスタのやり方は、2人が遜色ないほどにハイレベルだからこそ初めて成り立つ起用法なのだ。
 
<次ページ>

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事