2018.01.24 Wed

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【プレーオフ決勝 第2戦 名古屋×町田】2年連続の準優勝。「今年の方が悔しい気持ちが強い」(岡山孝介監督)。

写真:本田好伸

プレーオフ決勝の第1戦を2-4で落としたばかりか、守護神のピレス・イゴールを出場停止で、第1戦で負傷した日根野谷建を欠く満身創痍の状態で第2戦に臨んだペスカドーラ町田。優勝には3点差以上の勝利が必要な中で序盤からリスクを掛けた戦いを挑んだが、先制を許したことで後がなくなり、巻き返しを計れないまま2-6で敗戦。昨シーズンに続いて、目の前でリーグ優勝を逃す悔しい結果に終わった。
(取材・文 本田好伸)

イゴール不在の影響は大きくなかった

ペスカドーラ町田 岡山孝介監督

──今日の試合を振り返って。

2試合とも残念な結果でしたが、本当に選手は最後まで諦めないで全力を尽くして戦ってくれたので悔いはないです。町田らしい攻撃も十分には見せられなかったですし、そこも含めてこの結果を受け止めて、まずは選手権でリベンジできるように。そして来シーズンはリーグもそうですし、プレーオフもそうですし、両方で優勝できるように頑張りたい。この経験を無駄にしないように頑張っていきたいです。

──2−1くらいまではどちらに転んでもおかしくはない展開。その後、点差を広げられた原因は?

いろんな要素が絡んでいます。1対1で剥がされてフリーで打たれてしまっていましたが、1対1の守備も、3週連続で戦ってきた中での疲労もそう。この試合は3点差以上で勝たないといけなかったのでアグレッシブにプレスをかけた面での疲労もあり、そうした全部の要素が絡んでいたと思います。いつもであれば、もう少し守備で我慢して耐えようとできていたが、その余裕もなく、最初からフルで戦っていたので、その影響が後半に出てしまうのは致し方ないかなと。

──イゴールが出場停止で不在というところは、戦術やメンタルに変化はあったか。

うちの中心選手なので痛いところはあったし、スローがいいので、そこでのチャンスは少し減ったところは、影響したかもしれません。ただし、今日の試合に出た小野寺(優介)もすごくいいGKで、一昨年は小野寺で名古屋にも勝っていますし、そこはそんなに大きく影響したとは思っていないです。そういう試合ではないし、みんなもそんなに気にしていませんでした。こういう大きな試合は気持ちの部分が大きくなってくるので、逆に開き直って、割り切って戦っていたと思います。

──先に失点して前半を折り返した時点で、当初のプランとは違っていたと思うが、ハーフタイムでどんな指示を出したのか。

1点取られた時点からパワープレーことは頭にありました。前半の終わりにやるのか、後半の頭からやるのかなど、それで一度パワープレーをやめるなどのアイデアはスタッフとも話していました。昨日と違って前半からそれなりにチャンスを作れていましたし、森岡薫、室田祐希のセットの勢いがあったので、もうちょっと、いってみたいなと。パワープレーでは今日もたくさんのチャンスを作れましたが、1つミスすると相手のGKもいいパンとキックがあって返されるリスクがありました。そこで先に返されるとさらに厳しくなるので、点差と時間帯を見極めながら、あの時間が最適かなと思って決めました。

──残り5分で点差が離れ、絶望的な中でタイムアウトを取った。

4-1でしたから、絶望的な状況だと思いますが、そこはみんな後のことはもう考えないで、本能に従って勝ちたいという気持ちで戦っていました。折れないで最後まで勝ちにいっていましたし、勝てなくても1点でも奪おうという気持ちを見せていたので、そこには満足しています。

──去年も今年も準優勝。そこには何か違いを感じるか。

去年は、先に1勝して、次の試合も引き分けで終盤までいきました。でも2勝しないとダメなレギュレーションだったのでパワープレーに打って出て、パワープレー返しで負ける形でした。今年はそういうレギュレーションではなく、1勝1分けでも勝てる状況でした。去年の経験もあり、リーグでも名古屋にいい試合をしていたので満を辞してというところがあった。だからこそ、今年の方が悔しい気持ちが強い。

去年は全部を出し切って、その前の週のプレーオフもタフな試合をして名古屋に勝って決勝に立ち、シュライカー大阪との2試合目は疲労もすごく溜まっていて、でもあの時は出し切った。あれ以上できないくらいやったと思うので、しょうがないという気持ちが半分はありました。半分は悔しさです。でも今年は、気持ちの面では全部出し切りましたが、できるプレーがもう少しあったし、できる選手だし、リーグ戦の前回の名古屋との対戦では出せていたことが今日は出せなかった。なかなかシュートまでいけない時間が長かったので、そこでの悔しさがより強く残っています。でもこれで終わりではなく、先があります。これをいい経験にして選手権に向かいたいです。

──2試合を通して名古屋と町田の結果を分けた差はどこにある?

具体的な話では、やはり守備の強度が高くて、前からのプレッシャーが他のチームよりも格段に高かったですし、そこでパスをしっかりと回し切れなかったところが一つ。そこは環境も含めて見つめ直さないといけないところもあります。あとは、得点を決めれる選手が向こうには多くいるので、的を絞り切れないところがありました。いい試合をしていても、今日のように先に取られてしまうことがあるので、そういう差があるのかなと思います。

ペスカドーラ町田 森岡薫

──今日の試合を振り返って。

確かに悔しい結果になってしまいましたが、三度目の正直で頑張りたいと思います。

DUARIG Fリーグ 2017/2018プレーオフ
1月13日(土)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
14:30 1回戦 ペスカドーラ町田(リーグ戦2位 )3-2シュライカー大阪(リーグ戦5位)
17:30 1回戦 湘南ベルマーレ(リーグ戦3位)2-2フウガドールすみだ(リーグ戦4位)
1月14日(日)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
14:30 4位/5位決定戦 シュライカー大阪9-4フウガドールすみだ
17:30 プレーオフ準決勝 ペスカドーラ町田 3-2湘南ベルマーレ
1月20日(土)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
16:30 プレーオフ決勝(第1戦) 名古屋オーシャンズ4-2ペスカドーラ町田
1月21日(日)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
16:30 プレーオフ決勝(第2戦) 名古屋オーシャンズ6-2ペスカドーラ町田

<合わせて読みたい>
【プレーオフ決勝 第2戦 名古屋×町田】名古屋が10回目V。「チームの全員がMVP」(ペドロ・コスタ監督)。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事