2018.01.24 Wed

Written by EDGE編集部

インタビュー

【女子Fリーグ プレーオフ決勝】初代女王のアルコイリス神戸。「フットサル界を盛り上げたい」(小屋幸栄監督)。

写真:本田好伸

日本女子フットサルリーグ2017でリーグ2位となったアルコイリス神戸は、プレーオフ1回戦でリーグ戦3位の丸岡RUCKを破ってプレーオフ決勝へ進むと、リーグ戦1位の府中アスレティックFCプリメイラとの決戦でも、2試合をそれぞれ4-0、4-1で圧倒。初代女王の座に輝いた。小屋幸栄監督は「いいところをどんどん伸ばしていき、アルコイリスから世界で戦える選手を輩出していきたい」とさらなる向上を誓った。
(取材・文 本田好伸)

フットサルの面白さを一番に伝えたかった

アルコイリス神戸 小屋幸栄監督

──今日の試合を振り返って。

まず、神戸市やスポンサーを始め、アルコイリス神戸はいろんな方に支えてもらって、本当にこのような結果で終えられて嬉しいですし、支えてくださったたくさんの方に感謝したいです。うちは、この初代チャンピオンを目指してやってきましたが、一番伝えたかったのはフットサルの面白さをどう体現できるかを考えていて、そのためにゴールを奪う、ゴールを守るということ。今日の試合で平井(佑果)が退場しましたが、ああやって体を張って、ゴールを奪われたくないという気持ちを出した。結果的に退場になりましたが、ああいうシーンを。あそこまで体を張って、入れられたくないという気持ちを前面に出すようなプレーをもっともっと出して、見ている人に感動してもらえるとか、見ている人の心を打つような戦いをして行きながら、これからも優勝を狙っていきたいなと。

本当に、アルコイリスはわかりやすいチームで、攻撃的で、多くのシュートを打って、ゴールを目指してみんなで戦う。サポーターの方も含めて応援しやすいチームだと思いますので、そうしたいいところはどんどん伸ばしながら、戦術的に改善しないといけないところはもっと改善して、より良いチームに慣れたらなと思います。そしてこのリーグの目的であるアジアチャンピオン、世界で戦える選手をアルコイリスからもどんどん輩出して、日本の女子フットサル界に貢献できれば、やっている意味があるなと思います。日本のため、世界で活躍できる選手を作りながら、フットサル界を盛り上げていきたいと思います。本当にありがとうございました。

──日本女子リーグは7チーム、関西リーグでは5チームによる戦いを続けていますが、正直、アルコイリスとしては物足りないと感じることはないか。このプレーオフでも圧倒的で、寄せ付けない勝ち方をしてきた。そのことが逆に、自分たちの葛藤、もっとレベルを上げたいというような欲があるのでは?

環境は自分で作っていくものだと思います。うちは、一昨年は台湾、今年はポルトガルに遠征をしたり、自分たちが動き出せば何かが変わると思ってます。それに対して応援してくださる人が出てきます。まずは行動でチャレンジしていく。それがアルコイリスのプレースタイル、チームスタイルに表れている通り、チームとしてアクションを起こすことが大事だと思います。ですから、日本リーグでも、関西リーグでも、また新たな環境が作れると思うので、今与えられている環境でより強度を高めながら、もっと違う環境を自分たちで作っていけたらと思っているので、特に不満などはありません。

──もっとこうしたい、といった思いは?

日本女子リーグについては、アルコイリスであったり、他のチームに入りたいと思う選手がたくさん集まって、その地域でナンバーワンになり続けて、目標となるチームになることで戦力が集中して、よりレベルの高いリーグになるのかなと。現状ではまだそういったところが整備できていなくて、まだ地域のチャンピオンになれていないチームもたくさんあります。やはりそういったところを改善していくことで、やはりセントラルに集まっているチームが強いと、圧倒的な強さを持って戦う。そしてその戦力が日本代表選手を生み、代表チームが強くなっていく。そういった下のチームから憧れられるようなチームにならないといけないと考えているので、まずはトップチームの整備をしっかりしながら、そういった環境を整えていけたら嬉しいです。

──(リーグ戦で6試合14得点を挙げて)得点王になった江口未珂選手の魅力は?

すごく気持ちのある選手です。エピソードとしては、アルコイリス神戸の立ち上げから間もない頃(創設2年目の2009年)、彼女は中学3年生で、鹿児島のチーム(姶良フットボールクラブ)でプレーしていたのですが、その時に(全日本女子フットサル選手権大会のグループリーグで)対戦してアルコが大勝したんです。その衝撃が強くて、将来はアルコイリスでやりたいと思ったそうです。その後は、高校、大学とサッカーをしていたが、アルコに入りたいという気持ちを持って、大学卒業後にきてくれました。そういう気持ちのある選手が、やはりプレーにも表れているのかなと思います。

アルコイリス神戸 関灘美那子

──今日の試合を振り返って。

まず優勝できたことがすごく嬉しい。選手権で予選敗退して、このタイトルを本当に取りたかった。女子リーグは環境も良くて、いいピッチで、整った環境でできる事に本当に感謝したいと思います。

──この試合を前に、選手の中ではどんな話をして臨もうとしていたのか。

昨日は4−0で勝てていい状況でしたが、何が起こるかわからないスポーツですし、今日も退場とか第2PKといった展開になることもあるので、絶対に気を落とさないことと、この決勝の舞台でフットサルの楽しさを伝えるということもテーマの一つだったので、持てる力を全部出して、フットサルの面白さを見ている人にも伝えられるように、最後までやり切ろうという話を選手でしていました。

<合わせて読みたい>
【女子Fリーグ プレーオフ決勝】府中プリメイラは準優勝。「アルコは日本一にふさわしかった」(松田大次郎監督)。

<関連リンク>
日本女子フットサルリーグ公式サイト

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事