2018.01.21 Sun

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【プレーオフ決勝 第1戦 名古屋×町田】「もうちょっと2戦目に影響のない試合ができていれば……」(森岡薫)

写真:本田好伸

1月20日、プレーオフ決勝の第1戦が駒沢屋内球技場で行われた。決勝まで勝ち上がったペスカドーラ町田はリーグ戦1位の名古屋オーシャンズに対し、中井健介のゴールで先制に成功する。後半途中まで2-1とリードした町田だったが、GKイゴールの退場をきっかけに流れは一変。名古屋に3点を奪われ、2-4で第1戦を落とした。優勝するためには第2戦で3点差以上の勝利が必要となる。
(取材・文 本田好伸)

3点取らないといけないので、攻撃的にいきたい

ペスカドーラ町田 岡山孝介監督

──今日の試合を振り返って。

結果は残念ですが、またすぐ明日の試合があるので、気持ちを立て直して、絶対に勝つという気持ちで戦いたいと思います。

──後半、2点差をつけられてからタイムアウトを取りましたが、パワープレーは使わなかった。そこではどんな話をしたのか。

4対4の形で攻めに行こうと。ダニエル(サカイ)も(出場停止で)いないので。それに、パワープレーから相手に返されて、これ以上差がつくのも厳しいと。4対4の中でも点を狙っていくが、ただし闇雲に攻めてカウンターから失点するというのがあってはいけないので、その辺りを確認して、2試合の合計のことを考えて、攻めにいくという話をしました。

──サテライトを行き来するなど、苦労してきた西村祐飛がゴールを決めた。

得点に関しては、そういうタイプではないので。彼のベースとしては、しっかりハードワークをして、パスを回すスタイルのチームの中で、潤滑油の役割を期待しています。もちろん、本人はコンスタントに出るためにもプラスアルファを求めて、勝つために貢献しようという思いがあると思うので、引き続きそういう気持ちを持ってやってほしいと思います。

──明日、ダニエル・サカイ選手が戻ってくるが、どんな戦いを想定しているか。

うちは3点取らないといけないので、攻撃的にいきたい。でも、一度に何点も取るわけにはいかないので、その中で1点ずつを取りにいきたいです。うちの攻撃力は、ダニエルもそうですし、他にもあ能力のある選手がいるので、チャンスはあると思います。でも特別なアレはないです。いつものリーグ戦の戦いをしていけばしっかりと点を取れると思います。今日の試合でも後半にはチャンスが増えたところもあるので、明日はもう少しいい試合ができると思います。

──守備ではイゴールに助けられていたところもある。明日、出場停止で出られないことへの対策は?

今日は、特に前半は危ないシーンが多かったので、その点でイゴールに助けられたところはあると思います。でも小野寺(優介)に変わってもやることは変わらない。今日の危なかった場面の詳細は教えられないが、ピヴォに当てられたところでの対応は修正できると思う。こういう舞台なので、いつもできていたことが一瞬、遅れて後手に回るシーンがあったので、そこをいつもと同じようにしっかりと確認したい。小野寺が守っていても、今までしっかりと勝ってきているし、イゴールが(負傷離脱で)いなかった昨シーズンも穴を埋めてしっかりやってくれたので、そこは心配していないです。

ペスカドーラ町田 森岡薫

──今日の試合を振り返って。

今日は残念な結果でした。もうちょっと2戦目に影響のない試合ができていればと、今ではそう思います。でも明日もありますし、不可能なことはないと思っています。

DUARIG Fリーグ 2017/2018プレーオフ
1月13日(土)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
14:30 1回戦 ペスカドーラ町田(リーグ戦2位 )3-2シュライカー大阪(リーグ戦5位)
17:30 1回戦 湘南ベルマーレ(リーグ戦3位)2-2フウガドールすみだ(リーグ戦4位)
1月14日(日)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
14:30 4位/5位決定戦 シュライカー大阪9-4フウガドールすみだ
17:30 プレーオフ準決勝 ペスカドーラ町田 3-2湘南ベルマーレ
1月20日(土)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
16:30 プレーオフ決勝(第1戦) 名古屋オーシャンズ4-2ペスカドーラ町田
1月21日(日)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
16:30 プレーオフ決勝(第2戦) 名古屋オーシャンズvs.ペスカドーラ町田

<合わせて読みたい>
【プレーオフ決勝 第1戦 名古屋×町田】「第2戦も、今日以上のタフなゲームになる」(ペドロ・コスタ監督)

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事