2018.01.16 Tue

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【女子Fリーグ プレーオフ1回戦】アルコイリス神戸が丸岡RUCKに連勝でプレーオフ決勝へ!

写真:本田好伸

1月13日(土)、14日(日)の2日間にわたって日本女子フットサルリーグ2017 プレーオフ1回戦が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、リーグ戦2位のアルコイリス神戸とリーグ戦3位の丸岡RUCKが対戦。乱打戦となった第1戦を8-6で制したアルコイリスが、翌日の第2戦も7-2と大量得点で快勝。リーグ戦1位の府中アスレティックFCプリメイラが待ち受けるプレーオフ決勝へと勝ち進んだ。プレーオフ決勝は20日(土)の第1戦、21日(日)の第2戦が行われ、勝利数の多いチームが初代女王となる。
(取材・文 本田好伸)

波に乗った府中が無敗キープでリーグ戦1位に

 1月13日(土)、14日(日)、日本女子フットサルリーグ2017 プレーオフ1回戦が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、リーグ戦2位のアルコイリス神戸がリーグ戦3位の丸岡RUCKを相手に第1戦、第2戦でそれぞれ8-6、7-2のスコアで勝利して、プレーオフ決勝へと駒を進めた。

 日本女子代表の強化や女子フットサルの発展を目的に、2016年にプレ大会として始まった日本女子フットサルリーグは、2017年5月に正式にリーグ戦が開幕。今シーズンは7チームが参加し、セントラル方式による1回戦総当りのリーグ戦および上位3チームによるプレーオフで初代女王の座が争われることになった。

 1回戦総当りというシビアな戦いの中で波に乗ったのは、第1節で埼玉の強豪・サイコロに勝利した府中アスレティックFCプリメイラ。続く第2節もバルドラール浦安ラス・ボニータスを相手にクラブとして初めて勝利を収めると、勢いそのままに、4勝2分と無敗をキープしてリーグ戦1位をつかみ取った。

 一方、2016シーズンのプレ大会で優勝を飾った丸岡は3勝2分1敗、同2位のアルコイリスは4勝2敗と、それぞれ黒星を喫したことで、府中プリメイラの後塵を拝した。そして、レギュラーシーズンは9月に終了し、4カ月の中断期間を経て、男子のFリーグのプレーオフと同時期・同会場でプレーオフが開催された。

 プレーオフ1回戦の第1戦は乱打戦となった。前半で3点ずつを取り合うと、球際に強いプレスを仕掛けるアルコイリスが主導権を握ったが、後半立ち上がり46秒、丸岡が田中悠香のゴールで初めてリードを奪った。

 しかし、アルコイリスは23分に江口未珂のゴールで再び同点とすると、続く28分にも江口が決めて突き放し、その後はリードを守り切って初戦を8-6で勝利した。リーグ戦でも6試合で14点を挙げたスコアリーダーの江口は、この試合で6得点と大爆発。味方に生かされる形で、技術と決定力の高さを示した。

 翌14日に行われた第2戦も、ペースをつかんだのはアルコイリス。前半を3-2で折り返すと、疲労を隠せない丸岡を尻目に、後半に一気にギアを上げ、多彩な攻撃パターンから4点を追加。7-2で大勝した。

 アルコイリスと丸岡は、日本女子フットサルをけん引する存在としてしのぎを削ってきた。

 女子日本一を争う全日本フットサル選手権では、2014年大会、2016年大会の決勝で激突し、いずれもアルコイリスが勝利していた。一方、2017年大会は奇しくも1次ラウンドで同組に入ると、初戦の対決で引き分け、その後の2試合で連勝して勝ち点で並んだ両者は、得失点差でわずかに1ポイント上回った丸岡がグループを突破。そのまま初優勝を成し遂げた。

 ただし丸岡は、昨シーズンも今シーズンも含めて、公式戦でアルコイリスに一度も勝利した経験がない。アルコイリスが、フィジカル強度の高い試合を得意とする“剛”のフットサルならば、丸岡は相手のパワーをいなすパス回しで崩していく“柔”のフットサルが信条。丸岡は潜在的にアルコイリスへの苦手意識を持つだけに、この連戦でも、そのパワーバランスが結果に現れてしまった。

 しかも丸岡は、急成長中の16歳、148センチと小柄ながらもコントロールタワーとして女子代表入りを視野に入れる池内天紀が、コンディション不良でこの2試合に出られず。さらに、第1戦でフィクソの田中悠香が退場処分を受けたことで、丸岡は中盤から最終ラインを統率する術を完全に失い、勝機を見出すことができなかった。そうした相手の弱点を見逃さずに、徹底的に攻め切ることができるのも、アルコイリスの強さの一つ。剛のフットサル、アルコイリスが、まさに盤石の戦いでプレーオフ決勝へと勝ち上がった。

 プレーオフ決勝は20日(土)、21日(日)に同会場で開催され、プレーオフ1回戦と同様、第1戦、第2戦の2試合で勝利数の多いチームが、記念すべき女子リーグ元年の初代女王の栄冠を手にする。

<合わせて読みたい>
【女子Fリーグ プレーオフ1回戦】決勝進出のアルコイリス・小屋幸栄監督「次も勝って、初代日本一をもぎ取る」
【女子Fリーグ プレーオフ1回戦】アルコに完敗の丸岡RUCK・田中悦博監督「バランサーがいないことが痛かった」

<関連リンク>
日本女子フットサルリーグ公式サイト

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事