2018.01.15 Mon

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【プレーオフ準決勝 町田×湘南】勝利をたぐり寄せた先制点。森岡薫「町田はそろそろ優勝してもおかしくない」。

写真:本田好伸

開始早々、ゲームの勝敗を分ける先制点を決めたのは、エースの森岡薫だった。怪我のリスクを抱えていた右足での強烈なシュートは、この男がどれだけの思いを持って準決勝に臨んでいたかを、何よりも物語るものだった。「町田はそろそろ優勝してもおかしくない」。プレーオフの2試合で得た自信を携えて、森岡、そして町田は名古屋オーシャンズとのプレーオフ決勝へ挑む。
(取材・文 本田好伸)

もっと厳しい試合が待っている

ペスカドーラ町田 岡山孝介監督

──今日の試合を振り返って。

本当に全部出し切った試合でした。こういうタフな試合の中でそういうプレーができる選手たちがすごいなと思います。それ以外は言うこともないですけど、ただあるとすれば、本当に両チームのサポーターがすごくいい雰囲気を作ってくれて、そういう中でプレーできたことが、試合をこうして盛り上げる一因になっているのではないかと感謝しています。ただ次のプレーオフ決勝はもっと厳しい試合が待っているので、そこに向けてしっかり練習から頑張っていきたいです。

──リーグ戦で名古屋に唯一勝ち越している。勝算などは。

勝ち越しているが、でも、リーグを通しての成績がやはり一つの結果なので、我々はチャレンジャーだと思うし、正直、勝つ力はあるが、リーグ戦もどちらに転んでもおかしくない展開でしたから。勝ち越しているからいけるだろうという気持ちはない。チャレンジャーとして、昨日と今日のような気持ちでタフに走り続けたいです。

──試合が荒れた印象だった。そこで何か指示を出したか。

タイムを取ったり、ハーフタイムにはそういう話をしたりはしました。あとはプレーのところで、湘南がそういうところ、決して悪い意味ではなく、フィジカルコンタクトを好むチームなのですが、うちはパス回しができるので、そこでいなすところはいなしたり、プレーの中で解決していました。ただそんなに、荒れたとは思っていません。相手もこっちも勝ちたいし、それにプレーオフという舞台ですから、そんなに気にはなっていないですね。あんなもんじゃないですかね。行き過ぎないように話をして、みんな行き過ぎなかった。

ペスカドーラ町田 森岡薫

──今日の試合を振り返って。

2日間のこういった試合は、ものすごく厳しい試合とわかっていたし、どうしても決勝に立ちたい気持ちが結果につながった。それと感じたこととして、今日のような会場の雰囲気で普段のリーグ戦ができていれば、レベルがもっと上がると思いました。2-0と離していて、それ以上の点差をつけられてもおかしくないような試合だったが、あの雰囲気があって向こうも負けられないですし、こっちも絶対に追いつかれたくない、と。その雰囲気を作ってくれるサポーターがいて、すごく盛り上がる試合になった。これがプレーオフだけではなく、決勝とかではなく、普段のリーグ戦でもできたらなと。地元のサポーターが盛り上げることで、リーグのレベルも、フットサルも盛り上がっていくと感じました。

──開始早々、ここという場面でゴールを決めました。そのシーンを振り返ると。

昨日の試合もそうですけど、ちょっと(古傷を抱える膝のケガに対する)怖さがあったのですが、決勝に行きたい気持ちと、この会場の雰囲気、そしてみんながチケットを買ってきてくれるということで、怪我をしている人を見にきたいわけではないですし、怪我を感じさせたくないという気持ちもありました。本当に毎回のことですが、次の試合には出られなくなってもいいというような戦いをしているので、正直、自分の今の怪我のことを考えずに振り切ってやろうと。そういう心配も何度かあったが、あの場面は得意としている形だったので、決まって良かったとホッとしました。

──リーグ戦で名古屋に唯一勝ち越している。勝算などは。

僕は全選手の中で唯一、すべての決勝を戦っているが、リーグ戦とプレーオフは別物だと、今回すごく感じましたし、その意味では、相手に対してもそうですけど、特別な思いはない。決勝戦で勝ちたいという思いしかない。町田はそろそろ優勝してもおかしくないと感じているので、優勝したいですね。

──相手サポーターからのブーイングも大きかった。プレーしていてどうだったか。

ブーイングが好きな人はいないと思う。でもそれを受けることで、見返してやろうとか、どうだ、という気持ちもあります。でもやはり海外とは違って、日本は相手同士をすごくリスペクトする素晴らしい文化の中でやらせてもらえているので、ピッチの中で起こったことは外には持ち出さないし、乱闘の騒ぎになることはない。みんな少し演じている部分はあるのかなと。審判に言ってみたり、相手に言ってみたり。でも終わったあとは握手もするし、審判にも挨拶するし、相手が嫌いだとか、お互いが嫌いだとか、クラシコと言われている試合だからという因縁もない。会場の雰囲気がそうさせるという意味では、僕たちがこういった雰囲気でやることは、日本代表でも海外でこういうことがある(ので経験になる)。ひどいところはもっとすごい(ブーイングがある)。だから慣れるのは大事です。両サポーターが素晴らしい場所を作ってくれたことで、選手はそれなりの試合を見せないといけないという気持ちはあります。ただ、ブーイングは好きじゃないです。

DUARIG Fリーグ 2017/2018プレーオフ
1月13日(土)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
14:30 1回戦 ペスカドーラ町田(リーグ戦2位 )3-2シュライカー大阪(リーグ戦5位)
17:30 1回戦 湘南ベルマーレ(リーグ戦3位)2-2フウガドールすみだ(リーグ戦4位)
1月14日(日)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
14:30 4位/5位決定戦 シュライカー大阪9-4フウガドールすみだ
17:30 プレーオフ準決勝 ペスカドーラ町田 3-2湘南ベルマーレ
1月20日(土)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
16:30 プレーオフ決勝(第1戦) 名古屋オーシャンズvs.ペスカドーラ町田
1月21日(日)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
16:30 プレーオフ決勝(第2戦) 名古屋オーシャンズvs.ペスカドーラ町田

<合わせて読みたい>
【プレーオフ準決勝 町田×湘南】10位から3位への大躍進。奥村敬人監督「チームに新たな歴史を刻めた」。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事