2018.01.15 Mon

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【プレーオフ準決勝 町田×湘南】10位から3位への大躍進。奥村敬人監督「チームに新たな歴史を刻めた」。

写真:本田好伸

2017/18シーズンのFリーグで主役となった湘南ベルマーレの挑戦は、プレーオフ準決勝で幕を閉じた。2日連続で駒沢屋内球技場のスタンドを埋めたサポーターの声援を受けて、リーグ戦2位のペスカドーラ町田に果敢に挑んだが及ばず。選手、コーチ、監督として長年関わってきた奥村敬人監督は「まだまだなのですが、チームに新たな歴史を刻めたと思っています」と胸を張った。
(取材・文 本田好伸)

10年間は苦しかったが……

湘南ベルマーレ 奥村敬人監督

──今日の試合を振り返って。

まあ、ひと言でいうと、経験の差ですね。アップでほとんど右でシュートを打てなかった森岡選手に一発スコーンと決められた。あそこで、この試合にかける思いで上回られた気がします。こちらは引き分けでもダメな状況でしたが、彼らの気迫がすごかった。うちもダメだったわけではなく、町田がそれ以上だった。ペナルティーエリア内は戦場だと話してきましたが、そこでのカバーリングや、クリアすることが徹底されていた。自分たちはハーフラインラインのミスやマークを外してしまったり、勝利に値するチームではなかったのかなと、純粋に思います。

でもリーグ3位。過去のことを考えたら素晴らしい結果だと思いますし、選手たちにこのステージまで連れてきてもらえて感謝しています。サポーターは今日も素晴らしかったので、(会見場では隣で刈込真人が涙ぐんでいて)僕も泣きたいですけど、彼が泣いているので今日はやめておきます。でもこれまで選手が後押ししてくれたのかなと思います。

Fリーグは10年が経って、11年目でこういう結果を出せて、まだまだなのですが、チームに新たな歴史を刻めたと思っています。10年間は苦しかったが、こういう夢のようなシーズンを送れて、でもそれが夢ではなく、当たり前になって、チーム、クラブが成長していく。そのためにこのシーズンが良かったと思えるように来年、再来年とそういうチームになっていかないといけない。「日々精進」。これは僕の好きな言葉ですが、もうそれしかない。積み重ねて強くなっていくしかない。これから全日本選手権もありますし、これからもっと皆さんが楽しんでもらえるような、驚くようなフットサルを展開していきたいです。

──試合は荒れた展開でもありましたし、リードを許してストレスもあったのではないか。

荒れたというのは、当然じゃないですかね。戦いの中、あの雰囲気で選手が高揚するのは。お互いに負けたくない中で、荒れたというか、楽しいなと。これこそ戦いだと。充実感というか、負けて充実というのは表現が難しいが、強い相手とやって、その中での素晴らしいプレーやミスなど、ベンチで見ることが楽しかった。

あれはどういうプレーなのか、そこはいったのか、ビビっているなとか、その試合の中でも成長した姿を見れるのはいいですね。その上で勝てればいいですけど、今日は相手が上回った。でも選手は素晴らしいプレーをしていました。勝った負けたというのはいろんな要素があるが、うちに勝ちがくるような流れがこなかった。相手の経験や気迫で、試合の主導権を取られたことがすべて。いつも通り、試合自体は見ていてすごく楽しかったです。

──今年は劇的に変化した。それはサポーターもそうだと思いますが、どうして変われたと思うか。

いつも、何で変われたのかと聞かれますが、変わってないのか、変わっているのか。本当に(横澤)直樹が4年やってくれたメソッドを継続して、それが選手に浸透して、ジャッピーニャ(本田真琉虎洲)や小門勇太という新選手や、直樹も選手となって、より、やりたいフットサルができているなと。でも、自分の中では特に変わったとは思っていない。直樹が戦術や戦略で、僕はチームのマネージメント。それでクラブが勝てればいいと思っている。選手がいかに気持ちよくプレーできるか、迷いなくプレーできるか、普段の何気ない仕草などを見極めてアプローチしてきた。

変わったというか、その積み重ねでした。継続のところではまだまだ、フットサル選手として半人前の集まりです。名古屋のように完成された選手はいないので、そこは伸びしろです。選手が、このスポーツで食っていくんだと、もっともっと好きになってやるしかない。Fリーグでただやっているだけではなく、愛情を持って追求して、上手くなって、日本代表になって、世界にいくんだという気持ちを持たない限りはそのままかなと。最終的には選手個々が、どう感じて、今日のこういう試合の悔しさから、もっと上手くなろうという思いとか、日々の食事や睡眠、練習、筋トレなど、人生をかけてフットサルをすることが大事。僕らは昔からフットサルを盛り上げたい気持ちでやってきたので、それがすべてかなと。

湘南ベルマーレ 刈込真人

──今日の試合を振り返って。

負けてすぐなので整理できていないですが、まず、すごく悔しいです……。僕は湘南でプレーして6年目で初めてプレーオフの舞台に立つことができて、本当に幸せでした。今日のような湘南、町田のサポーターによって最高の雰囲気を作ってくれたので……勝ちをプレゼントしたかったのですが……悔しいです。もう一度、全日本選手権でテッペンを取るチャンスがあるので、しっかりとまた準備して戦って、そこを獲りにいきます。

DUARIG Fリーグ 2017/2018プレーオフ
1月13日(土)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
14:30 1回戦 ペスカドーラ町田(リーグ戦2位 )3-2シュライカー大阪(リーグ戦5位)
17:30 1回戦 湘南ベルマーレ(リーグ戦3位)2-2フウガドールすみだ(リーグ戦4位)
1月14日(日)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
14:30 4位/5位決定戦 シュライカー大阪9-4フウガドールすみだ
17:30 プレーオフ準決勝 ペスカドーラ町田 3-2湘南ベルマーレ
1月20日(土)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
16:30 プレーオフ決勝(第1戦) 名古屋オーシャンズvs.ペスカドーラ町田
1月21日(日)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
16:30 プレーオフ決勝(第2戦) 名古屋オーシャンズvs.ペスカドーラ町田

<合わせて読みたい>
【プレーオフ準決勝 町田×湘南】勝利をたぐり寄せた先制点。森岡薫「町田はそろそろ優勝してもおかしくない」。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事