2018.01.13 Sat

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【プレーオフ1回戦 湘南×すみだ】届かなかった、1点。すみだ・須賀雄大監督「1点を必然的に目指せるように」。

写真:本田好伸

リーグ戦4位のフウガドールすみだは、勝利が必須となるリーグ戦3位の湘南ベルマーレとのプレーオフ1回戦で2-2のドロー。引き分けの場合は上位チームの勝利となるレギュレーションのため、準決勝進出はならなかった。須賀雄大監督は「いろんな策を講じてその1点を目指したが足りなかった」と悔やんだ。
(取材・文 本田好伸)

1点を目指したが足りなかった

フウガドールすみだ 須賀雄大監督

──今日の試合を振り返って。

1点が非常に重要なゲームになったことで、いろんな策を講じてその1点を目指したが足りなかった。これが今の自分たちの力。1点を必然的に目指せるチームになれるよう、もう一度奮い立たせて頑張りたい。

──すみだはピヴォが生命線で、その良さを出そうとしていたが、相手もいいフィクソがいる中ではどう崩そうとしていた?

まず、うちのピヴォに対して相手がタイトなマークにきているのはわかったので、そこで相手がピヴォの前に入ってくるなら間で受けていくなど、そういうチームのベースがあるなかでよくやってくれた。もう一つ注文はは、ピヴォへの当て方のバリエーションをもっと持てたらなと。ピヴォに入れるタイミングを悟らせないような後ろのボール回しの精度や質が上がれば、うちのピヴォ当てに勘付けなくなる。そこが良ければベストだった。ただこういうゲームは、非常に緊張感もあるので、ベストを求めるのはなかなか難しいということを、この3年間のプレーオフの経験で実感しています。3年の中では、今年のピヴォが一番いい出来だったので誇らしく感じています。

フウガドールすみだ 清水和也

──今日の試合を振り返って。

非常にタフなゲームで、(引き分けでは相手が勝ち上がるので)1点を常にリードしないといけない中で、後半の早い時間帯で失点してしまった。同点に取り返した後も、こちらのミスから失点して苦しい展開にしてしまった。やはり僕自身が前線の選手なので、もっとチームを救うことができたのではないかなと、すごく後悔しています。でもそれは取り戻せないので明日の試合に全てをぶつけたいと思います。

──相手にいいフィクソがいる中でどうやってこじ開けようとしていたか。
フィクソは代表でも一緒にやっているので、相手の良さはわかっているが、個人としては相手どうこうではなく、自分が自分自身と向き合うことで、ターンや強いシュートが打てると思っていた。取りべきところで取れなかったというところが大きかったと思います。

DUARIG Fリーグ 2017/2018プレーオフ
1月13日(土)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
14:30 1回戦 ペスカドーラ町田(リーグ戦2位 )3-2シュライカー大阪(リーグ戦5位)
17:30 1回戦 湘南ベルマーレ(リーグ戦3位)2-2フウガドールすみだ(リーグ戦4位)
1月14日(日)/駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
14:30 4位/5位決定戦 シュライカー大阪vs.フウガドールすみだ
17:30 プレーオフ準決勝 ペスカドーラ町田 vs.湘南ベルマーレ

<合わせて読みたい>
【プレーオフ1回戦 湘南×すみだ】緑と青は止まらない! 湘南・奥村敬人監督「うちのポテンシャルを見せられた」。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事