2017.10.16 Mon

Written by EDGE編集部

全国大会

「第3回COPA FUTSALEDGE」が来年3月21日に開催決定! 世界大会への出場権をつかみとれ!

育成年代のジュニアフットサル大会「第3回COPA FUTSALEDGE(コパフットサルエッジ)」が2018年3月21日(水・祝)にZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREAにて開催される。育成年代のレベルアップを目的としており、優勝したチームはスペインで開催される国際大会「CostaBlancaCUP」に参加できる。

世界につながるジュニア世代のフットサル大会

 2018年3月21日に第3回大会が開催されることが決まった「COPA FUTSALEDGE」。同大会は11歳以下のフットサル国際大会「CostaBlancaCUP(コスタブランカカップ)」の国内予選を兼ねており、優勝すると世界中から各国代表が集まって優勝を争うの出場権を獲得することができる。

 コスタブランカカップは、地元スペインをはじめヨーロッパ、南米、アフリカなどの世界中のクラブチームがスペインに集まり優勝を争うフットサル国際大会で、U10、U12、U14、U16、U19の5つカテゴリーで、サッカー・フットサルの大会がそれぞれ行われる。過去にはスペイン代表のシャビ・アロンソやジエゴ・コスタも出場した歴史ある国際大会だ。

試合(2)

 国内大会には全国大会の常連チームであるブリンカールFCや、バーモントカップで日本一になった経験のある津ラピドFC、Fリーグの下部組織チームであるフウガドールすみだエッグスなどジュニア世代の強豪チームが参加。チャンピオンを目指して、熱戦を繰り広げてきた。

試合(3)

 第1回は、バーモントカップで優勝したこともある強豪チーム、malva fc u-12が優勝。スペインでのコスタブランカカップでは初出場・初優勝という快挙を達成し、大会MVPには、malva fc u-12の髙橋勇貴が選ばれたことは記憶に新しい。

【COPA FUTSALEDGE】マルバが国際大会「CostaBlancaCUP」で初出場・初優勝!

34895685974_fe375a0ea5_z

 国際大会では、海外ならではの食生活、時差、現地の生活習慣などに適応しなければならない。ジュニア年代で世界で戦うという経験することが、今後のチームや選手にとって大きな伸びしろになることは間違いないだろう。

35696723236_fda7fa4a0b_z

 優勝チームには国際大会参加の補助金が出るほか、優秀選手に選ばれた選手にも「FUTSAL EDGE選抜」として世界大会に挑戦するチャンスが与えられる。第3回COPA FUTSALEDGEの参加チーム募集は今日の16日からスタート。世界大会への出場権をつかむために、ぜひチャレンジしてもらいたい。

第3回COPA FUTSALEDGE大会概要
日程:2018年3月21日(水・祝)
場所:ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA
   〒261-0014 千葉県千葉市美浜区若葉3-2-17
  (JR京葉線「海浜幕張駅」から徒歩10分)
参加対象:2006年4月2日以降生まれの選手(新6年生)
参加チーム数:30チーム
参加費用:15,000円/チーム
優勝賞品:国際大会「CostaBlancaCUP」参加と、スペインまでの航空券
公式Facebook:https://www.facebook.com/COPA-Futsal-EDGE-1733153006921532/
申し込み方法:こちらのエントリーフォームより申し込み

【運営事務局より】
おかげさまで10月に始めた募集が定員チーム数の30チームとなりました。たくさんのお問い合わせ、お申し込みありがとうございました。
尚、現在キャンセル待ちとなっておりますので、ご了承ください。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事