2017.10.13 Fri

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【第21節プレビュー すみだ×神戸】“すみだのマーク・パンサー”矢澤大夢。23歳の日本代表GKのすごさとは?

写真:本田好伸

U-25日本代表として出場したアジアインドアゲームズで、全試合に先発出場を果たしたゴレイロ・矢澤大夢。名古屋オーシャンズで経験を積み、ヴォスクオーレ仙台での1年間を経て、今期からフウガドールすみだに加入。激しい競争の中で先発ゴレイロの座を勝ち取っている理由とは。
(取材・文 福田悠)

激しいGK争いの中でレギュラーをつかむ

 フウガドールすみだの最後尾で一際存在感を放っている男がいる。“すみだのマーク・パンサー”こと、ゴレイロの矢澤大夢だ。

 矢澤は地元・愛知の名古屋オーシャンズサテライト出身。トップチームでもプレーした後、昨季1年間はヴォスクオーレ仙台で不動の守護神として実績を積み、今季開幕前にすみだに加入した。

 すみだは内山慶太郎GKコーチの下、レギュラーを固定せずにその時最もコンディションの良い選手を起用する方針をとっている。そんな中でも今季の矢澤はU-25日本代表としてアジアインドアゲームズに出場していた第16~19節以外は、ほぼ全ての試合に出場している。

 矢澤の武器はやはり185cm、75kgというリーグ屈指の恵まれた体格を活かしたプレーだ。

 やや上半身を起こした状態で構え、ゴールの上のほうを狙ったシュートに対して、スタンディングのまま対応するプレーを得意としている。身体の面の大きさは、1対1やファー詰めの際のブロックの場面でも大いに武器になっており、ループなどで肩口を抜かれる場面が少ないのも特徴だ。シュートを打とうとした相手選手からは視覚的にゴールが小さく見えるようで、前に出た矢澤を前に枠を外してしまう選手も少なくない。端から見れば「1対1の絶好機にも関わらず枠を外したシュートミス」にも見えるかもしれないが、矢澤がコースを消したことで外させている、という言い方もできるはずだ。

 代表から戻って初めのリーグ戦となった前節の対名古屋戦で、矢澤は早速先発に復帰。遠征の疲れも残る中、首位・名古屋撃破に貢献した。名古屋との勝点差を9に詰め、プレーオフ進出圏内の5位をキープする重要な勝点3となった。だからこそ、この第21節はチームとして重要な一戦となるはずだ。

 すみだは前回のデウソン神戸戦では終盤に森洸の連続ゴールで追い付かれ3-3で引き分けている。この試合が、矢澤が代表招集以外で欠場した唯一の試合だ。チーム不動の守護神となりつつある中、ここでしっかりと勝点3獲得に貢献できるか。代表でも存在感を見せつつある矢澤のプレーに注目したい。

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第21節
10月13日(金)
19:30 フウガドールすみだ vs デウソン神戸(墨田区総合体育館)★
10月14日(土)
19:00 アグレミーナ浜松 vs シュライカー大阪(浜松アリーナ)
10月15日(日)
13:00 バサジィ大分 vs ヴォスクオーレ仙台(大分県立総合体育館)
14:00 エスポラーダ北海道 vs バルドラール浦安(湿原の風アリーナ釧路)
14:00 名古屋オーシャンズ vs 湘南ベルマーレ(オーシャンアリーナ)
17:00 ペスカドーラ町田 vs 府中アスレティックFC(町田市立総合体育館)
★……AbemaTV無料ライブ配信

Fリーグ各節をAbemaTVで完全無料の生中継!

『フウガドールすみだvsデウソン神戸』を10月13日(金)に無料生中継!

10月13日(金)19時15分~21時30分 <視聴&通知予約

<合わせて読みたい>
【第20節プレビュー 名古屋×すみだ】フィクソの位置で失わないコツは?お手本にしたい諸江剣語の「両足プレー」。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事