2017.10.06 Fri

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【第20節プレビュー 名古屋×すみだ】フィクソの位置で失わないコツは?お手本にしたい諸江剣語の「両足プレー」。

写真:本田好伸

前節4試合ぶりの勝利を上げ、プレーオフ進出圏内の5位に踏みとどまったフウガドールすみだ。そんな中で迎える今節は、首位・名古屋オーシャンズとのアウェイゲームに挑む。キーマンとなるのは、すみだのキャプテン・諸江剣語。今回のプレビューでは諸江の持ち味である「両足のボールコントロール」をマニアックに掘り下げていく。
(取材・文 福田悠)

フィクソに必要不可欠な両足の技術

 フウガドールすみだのキャプテンにして、須賀雄大監督から「ピッチ上の監督」と絶対的な信頼を寄せられる諸江剣語。

 若き日の諸江はアラで縦に勝負するタイプのドリブラーだったが、2010年にすみだ(当時のチーム名はフウガ東京)に加入してから、フィクソにコンバートされた。

 フィクソとしてプレーし始めてしばらくしてから、諸江はあるプレーを意識的に強化してきたという。利き足とは逆の、左足でのボールコントロールだ。

「フィクソとして真ん中にいることが多い中で、逆足でのプレーの必要性をすごく感じたんです。どちらの足も自由に使えるようにならないと難しいなと。左足でボールをさらすことができればプレーの選択肢はかなり広がるので、自然と練習するようになりましたね。空いた時間に左足でのボールコントロールを練習したり、紅白戦の中で“今日は左足のタッチを多めにしよう”と意識したりして、少しずつ頻度を増やしていきました」

 現在の諸江はシュートやトラップだけでなく、ドリブルでボールを運ぶ際にも実に自然に左足を使いこなしている。

 それがよくわかるのが、諸江が試合中に見せるマルセイユルーレットだ。

 通常、右利きの選手であれば、右足裏でボールを引いて左回りにターンする方を得意としているケースが多い。サッカーでもジダン、ロナウジーニョ、リケルメなど多くの選手がこれに当てはまり、むしろ逆回りを試合で自然に使いこなせる選手は極めて稀だ。1つ目の引きのタッチを利き足で行う方が精度が高く、さらにその後の反転も利き足の右足を軸にできるためバランスが取りやすいからだろう。

 ところが、諸江は左右どちらも鏡に写したように同じフォームでターンすることができる。しかも使用頻度で言えば、逆回りの方が多いくらいだ。左足でのボールコントロールが相当なレベルで馴染んでいるからこそ可能になるプレーと言えるだろう。

 また、諸江の左足の精度の高さが活きるのは、何もルーレットのような華やかな抜き技の場面だけではない。むしろ、一見地味に見えるプレーにこそ、左足を扱えるメリットが多分に含まれているのだ。

 例えば自陣中央からドリブルでボールを左に運ぶ際、右利きの選手の多くは右足裏で舐めて運んでいくが、諸江の場合は状況に応じて(特に相手DFが近くまで来ている時ほど)自然と相手DFから遠い左足アウトサイドでボールを運んでいく。真ん中から左に運んだ後も、右足アウトではなく左足インサイドの速いパスでピヴォ当てを打ち込むなど、その場面だけを切り取ればそのプレーはまるで左利きの選手のようだ。

 この右アウトか左インサイドかというのは、小さいようで大きな差だ。アウトサイドよりもインサイドの方がキックスピードが出るので、味方ピヴォの前に入ってインターセプトをしようとする相手フィクソのプレーを抑制することができる。

 また、左インサイドの方が諸江自身に付いている相手からより離れた位置で蹴り出すことができるため、一歩分相手の足をかわすことができるのだ。ちょっとしたことのようにも思えるが、トップレベルでは、その「わずか一歩分の駆け引き」が勝敗を分ける大きな差になることもある。まして相手が名古屋ともなれば、自ずと逆足でも精度の高いプレーが要求されるはずだ。

 試合後のミックスゾーンなどで常々「点に絡むプレーを増やしたい」と語っている諸江だが、第15節のアグレミーナ浜松戦では“得意の”左足で強烈なミドルを叩き込んでみせた。前節の仙台戦でも同じような位置から惜しいミドルを放つなど、左足の精度・威力は高まるばかりだ。10月8日(日)に行われる首位・名古屋オーシャンズとの一戦でも、その左足に注目していただきたい。

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第20節
10月7日(土)
14:00 府中アスレティックFC vs バサジィ大分(平塚総合体育館)
19:00 湘南ベルマーレ vs シュライカー大阪(平塚総合体育館)
10月8日(日)
14:00 エスポラーダ北海道 vs ペスカドーラ町田(苫小牧市総合体育館)
14:00 名古屋オーシャンズ vs フウガドールすみだ(オーシャンアリーナ)★
10月9日(月)
13:00 アグレミーナ浜松 vs デウソン神戸(浜松アリーナ)
15:30 ヴォスクオーレ仙台 vs バルドラール浦安(ゼビオアリーナ仙台)
★……AbemaTV無料ライブ配信

Fリーグ各節をAbemaTVで完全無料の生中継!

『名古屋オーシャンズvsフウガドールすみだ』を10月8日(日)に無料生中継!

10月8日(日)13時45分~16時 <視聴&通知予約

<合わせて読みたい>
諸江剣語、6年ぶり日本代表候補選出。輝きを失っていた男を救った、5年前のフウガ移籍という決断。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事