2017.09.06 Wed

Written by EDGE編集部

女子

元府中アスレティックFCプリメイラの船附ひな子が、スペイン女子1部エルポソ・ムルシアと契約!

写真:株式会社ユーロプラスインターナショナル

日本女子フットサルリーグの府中アスレティックFCプリメイラで昨シーズンまでプレーした日本代表候補の船附ひな子が、スペイン1部リーグUCAM-El Pozo Murcia FSFに入団するとユーロプラスインターナショナルが発表した。

スペインで活躍して日本代表入りを目指す

 日本女子フットサルリーグの府中アスレティックFCプリメイラなどでプレーし、現在も女子フットサル日本代表サポートメンバーに選出されている船附(ふなつき)ひな子が、スペイン女子フットサルリーグ1部のUCAM-El Pozo Murcia FSFと契約した。

 UCAM-El Pozo Murcia FSFはスペインフットサル強豪クラブEl Pozo Murcia(エルポソ・ムルシア)の女子チームにあたる。 今回、船附はスペイン人にも負けない強いフィジカルと、左右問わず打てるシュートが評価され契約が決定した。 今後、スペインの活躍を機に、日本代表メンバー入りを目指す。

船附ひな子選手コメント

この度、UCAM-El Pozo Murcia FSFでプレーすることになりました。フットサルを始めた時から、スペインでプレーする事が目標であったので、やっとスタートラインに立てて、とても嬉しく思います。言語の面でうまくいかないこともありますが、何事も楽しみながら、しっかりコミニケーションをとり、チームの一員として認められるように、必要とされる選手になれるよう、練習に取り組んで行きます。応援よろしくお願いします。

<関連リンク>
【チーム紹介】府中アスレティックFCプリメイラ(日本女子フットサルリーグ)

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事