2017.08.04 Fri

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【第9・10節プレビュー 町田】“アスピランチの星”宮崎貴史が胸に抱く野心。「目に見える結果を残せるように」

前節、アウェイで浜松に逆転勝利を収め連敗を3で止めた町田。怪我人が増えていることもあり、ここ数試合はやや安定感を欠いているが、そんな時こそ若い選手たちのブレイクにも期待したいところだ。現在の町田には原辰介を筆頭に、多くのアスピランチ出身者がいるが、そんな中でも今年トップ昇格2年目を迎え、確実に存在感を増しつつある選手がいる。背番号19を背負う宮崎貴史だ。
(取材・文 福田悠)

個性派揃いのチームの潤滑油に

 高校生の時に神奈川県リーグ1部のアズヴェール藤沢でフットサルを始めた宮崎貴史は、その後関東リーグ1部のブラックショーツを経て、ペスカドーラ町田アスピランチに加入。チームの主力として活躍し、昨季開幕前に念願だったトップ昇格を果たした。

 Fリーグ1年目の昨季は序盤こそ出番が少なかったものの、中盤戦以降は出場機会が増え徐々にチームにフィット。持ち前の豊富な運動量を武器にピッチを駆け回り、気の利いたプレーで地味ながらも確実にチームの力となっていた。個性派揃いのチームにおいて貴重な潤滑油となれる存在で、そのゲームインテリジェンスの高さについては岡山監督も「非常に頭が良く、味方がやりやすいように合わせながらプレーできる選手」と評価している。

 昨季はリーグ戦13試合に出場し、プレーオフも経験。1年目としてはまずまずの結果にも思えるが、宮崎自身は自らのプレーに少しも満足できていなかった。クワトロのパス回しの中での気の利いたポジショニングや切り替えの早さなどは一定の評価を受けていたものの、勝敗を決する場面での目に見えた活躍をできずにいたからだ。

「結局1年目は無得点で終わってしまったので。やっぱりトップで長く活躍している選手たちはここぞの場面でゴールとかアシストといった決定的な仕事ができますよね。自分はそこが全然足りていないなと。去年できたことは継続しつつも、2年目はやっぱりゴールという目に見える結果を残せるようにならないといけないと思います。攻撃で“ここで決めてくれ”という場面で決められる、守備でも“ここを抑えれば勝てる”っていう場面でしっかり止めてチームを助けるとか、そういう個としての強さを持った選手になってチームを助けたいですね」

 選手としてもう一段上の、決定的な仕事をできる選手になる。そう決めて臨んだ今シーズンは開幕から全試合に出場。第4節の対仙台戦では念願だったFリーグ初ゴールも決めるなど、その存在感は少しずつ、だが着実に増してきている。チームが思うような結果を出せていない今こそ、宮崎の言う“決定的な仕事”が求められているはずだ。

 今週末、町田は5日(土)に大分と、6日(日)に府中と対戦する。会場は地元・町田市立総合体育館だ。ホームのサポーターの熱い後押しを背に、宮崎が町田を勝利に導く。

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第9節
8月5日(土)
13:30 エスポラーダ北海道 vs バルドラール浦安(町田市立総合体育館)★
16:00 府中アスレティックFC vs デウソン神戸(町田市立総合体育館)★
18:30 ペスカドーラ町田 vs バサジィ大分(町田市立総合体育館)★
13:30 フウガドールすみだ vs 名古屋オーシャンズ(小田原アリーナ)
16:00 湘南ベルマーレ vs アグレミーナ浜松(小田原アリーナ)
18:30 ヴォスクオーレ仙台 vs シュライカー大阪(小田原アリーナ)
DUARIG Fリーグ2017/2018 第10節
8月6日(日)
12:00 エスポラーダ北海道 vs デウソン神戸(町田市立総合体育館)★
14:30 バルドラール浦安 vs バサジィ大分(町田市立総合体育館)★
17:00 ペスカドーラ町田 vs 府中アスレティックFC(町田市立総合体育館)★
10:00 フウガドールすみだ vs アグレミーナ浜松(小田原アリーナ)
12:15 ヴォスクオーレ仙台 vs 名古屋オーシャンズ(小田原アリーナ)
14:30 湘南ベルマーレ vs シュライカー大阪(小田原アリーナ)

★……AbemaTV無料ライブ配信

Fリーグ各節をAbemaTVで完全無料の生中継!
『エスポラーダ北海道 vs バルドラール浦安』『府中アスレティックFC vs デウソン神戸』『ペスカドーラ町田 vs バサジィ大分』を8月5日(土)に、『エスポラーダ北海道 vs デウソン神戸』『バルドラール浦安 vs バサジィ大分』『ペスカドーラ町田 vs 府中アスレティックFC』を8月6日(日)に無料生中継!
8月5日(土)13時15分~20時30分 <視聴&通知予約
8月6日(日)11時45分〜19時00分<視聴&通知予約

 

<合わせて読みたい>
なぜ北原亘の解説はマニアから初心者まで楽しめるのか? 新たなフットサルファンを生み出すための“共感型解説術”。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事