2017.08.03 Thu

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【第9・10節プレビュー 浦安】浮上へのキーマン。“3階級超え”でFリーグ入りした三浦慎太郎の成長が不可欠。

写真:本田好伸

8試合で挙げた勝利はわずかに「1」。今シーズン就任した髙橋健介監督のもとで、明確にプレーオフ進出を掲げるチームはすでに、待ったなしの状況にある。試合を重ねるごとに、「構築していることが出せている」と監督が話す一方で、細部のミスが重なることで、勝敗を左右する致命傷になってしまっている。浦安は、プレーオフに届くのか──。そんなチームの浮沈のキーマンは、今シーズン、埼玉県2部から加入した三浦慎太郎かもしれない。既存の選手以上に、伸び盛りの若手選手の台頭が、チームを上位へと導いていく。
(取材・文 本田好伸)

昨季は埼玉県2部で12試合18得点をマーク

 正式加入から2カ月、開幕戦でリーグ戦デビューを飾った三浦慎太郎は、バルドラール浦安どころか、全チームを見渡しても稀有な存在だ。前所属のボアスポーツクラブは埼玉県リーグ2部のチーム。仮にFリーグの下位カテゴリーを地域リーグとするならば、関東1部、関東2部、埼玉県1部と3カテゴリーの飛び級加入だ。

 これまでの傾向として、各チームには高卒ルーキーや、都道府県リーグから加入する選手はいたが、加入直後から多くの出番を任されているケースは多くない。三浦の存在は、かつて関東2部のクラッキスから湘南ベルマーレに引き抜かれた、現・ペスカドーラ町田の篠崎隆樹に勝るとも劣らない衝撃かもしれない。

 中学時代にボアでフットサルをしていたものの、高校ではサッカーを続け、大学進学と同時に、改めてフットサルに専念することを選んだ。「当時は、Fリーグを意識していなかった」。6年前のことだ。あらゆるプレーをそつなくこなせる三浦は、一気にチームの中心選手になっていった。昨シーズンの県2部リーグは、12試合のうち11試合でゴールをマークし、チーム総得点37点の約半分、18点をたたき出した。

HND_3666

 昨年、浦安の髙橋健介監督が、ボアの中学生チームの指導に当たった際、髙橋と一緒にプレーしたことがきっかけだった。「『(Fリーグで)一緒にやってみないか?』と誘われたときは、マジですか? いいんですか? という感じだった」。9月から浦安セグンドの練習に参加した後、4月にはトップ昇格を言い渡された。

 三浦は、少し見ただけではピッチでの役割が見えてこない。前線にいることが多い一方で、フィクソやサイドでボールを持つこともある。果たして、どこを評価されたのか。「各ポジションで自分の強みを出していきたい」。その言葉通り、三浦はオールラウンダータイプの選手だ。「前に入ってくれと言われることもあるし、流れを見ながら、パスが来ないようであれば下がることもある。サイドで勝負をしたり、自陣でキープもする」。ディドゥダや加藤竜馬、永島俊とのセットでは、高い判断力を要するキックインやCKのキッカーも務めている。

 ポジションにとらわれず、ピッチのあらゆる場所であらゆる仕事ができることは、選手に高次元の個人戦術を求める髙橋監督の理想の姿。三浦がチームの重要なプレーヤーであることは間違いないだろう。

 それでも、三浦はまだ、“浦安フットサル”の中核にはなれていない。今シーズンはここまで、8試合中4試合で登録メンバーから外された。「ハードワークが必要な試合は入れても、よりチームの連係で相手を崩さなければならない名古屋オーシャンズやシュライカー大阪が相手のときには選ばれない。監督が求めるフットサルは簡単ではないし、吸収して、慣れるために時間が掛かっている。僕が出ることでレベルを落としてしまっていることもある。監督の最初の選択肢になれるように、個人のレベルアップをしないといけない」。

HND_3500

 三浦の現状は、決して安泰ではない。それどころかむしろ、そのまま居場所を失ってしまう危うさすらある。ただ一方で、既存の選手以上に伸びしろの大きな三浦が、すべての能力を引き上げ、監督の理想像に合致するまでに成長すれば、浦安のチーム力を格段に引き上げる期待感もある。

「コーチをしている小学生の子どもたちに『慎コーチがなれるなら自分もできるかも』って思わせたい。県リーグにも上手い選手は多いし、僕が活躍することで、みんなが目指してくれるようになったら嬉しい。周囲に刺激を与えられる選手になりたい」。

 浦安で第一歩を踏み出した三浦の挑戦は、まだ始まったばかりだ。

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第9節
8月5日(土)
13:30 エスポラーダ北海道 vs バルドラール浦安(町田市立総合体育館)★
16:00 府中アスレティックFC vs デウソン神戸(町田市立総合体育館)★
18:30 ペスカドーラ町田 vs バサジィ大分(町田市立総合体育館)★
13:30 フウガドールすみだ vs 名古屋オーシャンズ(小田原アリーナ)
16:00 湘南ベルマーレ vs アグレミーナ浜松(小田原アリーナ)
18:30 ヴォスクオーレ仙台 vs シュライカー大阪(小田原アリーナ)
DUARIG Fリーグ2017/2018 第10節
8月6日(日)
12:00 エスポラーダ北海道 vs デウソン神戸(町田市立総合体育館)★
14:30 バルドラール浦安 vs バサジィ大分(町田市立総合体育館)★
17:00 ペスカドーラ町田 vs 府中アスレティックFC(町田市立総合体育館)★
10:00 フウガドールすみだ vs アグレミーナ浜松(小田原アリーナ)
12:15 ヴォスクオーレ仙台 vs 名古屋オーシャンズ(小田原アリーナ)
14:30 湘南ベルマーレ vs シュライカー大阪(小田原アリーナ)

★……AbemaTV無料ライブ配信

Fリーグ各節をAbemaTVで完全無料の生中継!
『エスポラーダ北海道 vs バルドラール浦安』『府中アスレティックFC vs デウソン神戸』『ペスカドーラ町田 vs バサジィ大分』を8月5日(土)に、『エスポラーダ北海道 vs デウソン神戸』『バルドラール浦安 vs バサジィ大分』『ペスカドーラ町田 vs 府中アスレティックFC』を8月6日(日)に無料生中継!

8月5日(土)13時15分~20時30分 <視聴&通知予約
8月6日(日)11時45分〜19時00分<視聴&通知予約

 

<合わせて読みたい>
なぜ北原亘の解説はマニアから初心者まで楽しめるのか? 新たなフットサルファンを生み出すための“共感型解説術”。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事