2017.07.27 Thu

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【第8節プレビュー すみだ×府中】長野からやってきた超無名のアタッカー。すみだの「丹羽脩人」に注目せよ。

写真:本田好伸

主力選手の退団や引退によって、開幕前は大幅なチーム力の低下がささやかれたフウガドールすみだ。だが、そんな予想に反してチームは4勝2分1敗の4位と昨シーズン同様の強さを示している。その快進撃を支える1人が、北信越リーグのボアルース長野からやってきた丹羽脩人だ。須賀雄大監督に「お前のドリブルは脅威だ」と言わしめた22歳は、3位・府中アスレティックFCを相手にどんなプレーを見せるのか。
(取材・文 本田好伸)

たった2カ月でFリーグの舞台へ

 今シーズンのフウガドールすみだは、新境地を切り拓いた。エース・太見寿人の引退、司令塔・西谷良介の退団に際して、チーム力の低下がささやかれるなかで、開幕から若手新戦力の台頭もあって、快進撃を見せた昨シーズンの序盤戦と変わらないほどの強さを示している。

「今、こうしてFリーグの舞台に立っていることは想像以上」

 そう話すのは、北信越リーグのボアルース長野から今シーズンすみだに加入してきた丹羽脩人。開幕戦でチームのリーグ戦初ゴールをマークした22歳のアタッカーは、ここまで6試合でピッチに立ち、チームの欠かせないピースとして、存在感を示している。

HND_3767

 長野県内の大学に進学した丹羽は、「僕の人生のなかにはいつも、フットボールが中心にあった。好きだからこそ、とことんやってみたい。それでダメならまた別の選択肢が見えてくる」と、大学からボアルースでフットサルを始めた。2年目の昨年は、全日本フットサル選手権で北信越地域代表として1次ラウンドを戦い、デウソン神戸やバサジィ大分と対戦。その頃にはもう、「Fリーグを意識していた」。

 卒業とともにFリーグに入るのか、それを待たずにチャレンジするのか。丹羽は、できるだけ早くキャリアを積みたいと考えて、4年生になる前にFリーグのセレクションを受けた。いくつかのクラブを見るなかで、クラブの考え、監督のメソッドに共感したことで、すみだ入りを決めたが、育成組織のバッファローズで練習参加を始めた3月には「正直、1年くらいは育成組織でやっていくものだと考えていた」。しかし、わずか2カ月後の5月末、トップチームの練習に帯同して、6月初旬の名古屋オーシャンズとのプレシーズンマッチでメンバーに抜擢されると、その数日後にはトップチーム昇格を言い渡された。

 須賀雄大監督は開幕戦後にこう話していた。「若い選手の伸びしろがどこまであるか、僕も測りかねている。それくらいの良さがある。そういう若手が与える刺激、影響はピッチで表現する以上のものがある」。丹羽を始め、今シーズンから抜擢された若手選手は、間違いなくチームに新しい刺激をもたらした。彼らは臆することなくピッチで戦っている。その理由はおそらく、“プレーに迷いがない”ということに尽きるだろう。

「監督は、みんなの前で、『お前のドリブルは脅威だ』と言ってくれる。だから仲間もそこを信頼してくれるし、僕がチャレンジできる環境と空間をつくってもらえている」。

 単純な総合力ということで言えば、フィジカルも守備も、走力も、運動量も、まだFリーグのトップレベルにはない。それでも、足りない部分を味方がフォローしてくれることで、秀でた一芸をとことん追求できる。丹羽はそうやって、ピッチで自分の持ち味を発揮している。

HND_3787

「大薗(諒)や(清水)和也とは普段から一緒にいるなかで、『俺たちが日本を背負っていく』と話している。口だけにならないように、とにかく練習を怠らないこと。自分はポジションが安泰な選手ではないけれど、気持ちだけでも、『絶対に負けない』と思ってやっていく」

 丹羽がこの先も飛躍を続けることは、すみだだけでなく、地域リーグからFリーグ入りを目指す若い選手たちにとっても大きなモチベーションになるだろう。「ボアルースの仲間も刺激をもらっていると連絡をくれますし、僕自身、自分の後ろに続く選手への責任もある。そういうものをパワーに変えたい」。

HND_5572

 Fリーグには今、新しい風が吹いている。丹羽のような若手選手が躍動することを歓迎する一方で、それを黙ってみているだけではない、中堅、ベテラン選手がいる。その象徴のような選手こそが、府中アスレティックFCの皆本晃だろう。「若い奴らには負けない。俺が一番になる」と奮起する皆本の姿が容易に想像できる。

 若く、勢いのあるすみだがそのまま突き進むのか、その流れに待ったをかけるのか。すみだと府中の上位対決は、Fリーグの新たな戦いの縮図のようだ。この争いに勝ち残るのは果たして、誰なのか──。

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第8節
7月29日(土)
14:00 ヴォスクオーレ仙台vsエスポラーダ北海道(塩釜ガス体育館)
16:30 フウガドールすみだvs府中アスレティックFC(墨田区総合体育館)★AbemaTV無料ライブ配信
7月30日(日)
13:00 バサジィ大分vs湘南ベルマーレ(大分県立総合体育館)
18:00 アグレミーナ浜松vsペスカドーラ町田(浜松アリーナ)

Fリーグ各節をAbemaTVで完全無料の生中継!

次節は『フウガドールすみだvs府中アスレティックFC』を7月29日(土)に無料生中継!
7月29日(土)16時15分~18時30分 <視聴&通知予約

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事