2017.06.22 Thu

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【第3節プレビュー 湘南×名古屋】“弱い湘南”から脱却できるか。湘南の“現在地”を知る戦い。

写真:本田好伸

湘南ベルマーレは、過去10年間にはなかった強さで開幕2連勝。一方の名古屋オーシャンズも、新加入選手を中心に確実に勝ち点3をつかむ盤石ぶり。そんな唯一の連勝チーム同士が早くも激突する。果たして、3連勝で単独首位へ躍り出るのはどちらか。湘南のホーム・小田原での戦いは、間違いなく激闘となるだろう。
(取材・文 本田好伸)

“6人目の仲間”が支える小田原アリーナ

 開幕2連勝はわずかに2チーム。そして今節の勝者が、唯一の3連勝となる。勝ち点でわずかに上回る湘南ベルマーレが、名古屋オーシャンズをホームに迎えて首位決戦が行われる。

 奥村敬人監督は前節の試合後、「2連勝は想定内。その状態で名古屋と戦おうと思っていた。次が大事」と話した。初戦のヴォスクオーレ仙台戦の大勝も、フウガドールすみだ戦の完勝も、過去10年間の弱い湘南のそれではなかった。ただし、この名古屋戦で大敗しようものなら、また弱い湘南に逆戻りしてしまうかもしれない。湘南の命運は、この名古屋戦にかかっていると言っても過言ではないだろう。

 湘南の強みは、相手のストロングポイントを出させない守備と、思い切りの良い攻撃。名古屋戦も、横澤直樹プレーイングコーチと奥村監督のスカウティングをベースに、激しいプレスと個のタレントをいかに潰すかに焦点を当ててくるだろう。すみだ戦は、相手のスピードを奪う守備で勢いを殺し、攻撃では前に2枚、後ろに2枚の距離のある22のシステムを採用することで、相手のプレッシングと中盤の競り合いを回避した。

 さらに、自陣から前線へと長いパスを通すことで、キリカエ0で自陣に戻ってくる相手の体力消耗を狙っていた。相手の出方に応じて、2セットを組んでいるどちらのセットをぶつけるのかということなどを含めて、選手たちはコーチ陣のプランを遂行しながら、自らの能力を最大限に発揮する戦い方を体現してみせた。

 もう一つ、前節で秀逸だったのが、“6人目の仲間の存在。ホーム開幕戦に詰め掛けたサポーターは、相手のボラや岡村康平という、元湘南の選手がボールを持つたびに、大ブーイングを浴びせた。ディエゴ・加藤・マラドーナと地域普及コーチの金井智之の2人の会場MCを含めて、相手が戦いづらい雰囲気を見事につくり出していた。今節も、湘南から名古屋にわたった安藤良平への大きなブーイングが巻き起こるだろう。

 ただし、状態の良さが目立つ湘南であっても、名古屋が強大な敵であることには違いない。ヴァルチーニョ、ルイジーニョという2人のブラジル人選手と吉川智貴の復帰を発表した名古屋もまた、一気にコンディションを上げてきている。彼ら3選手は登録が間に合い、今節から出場可能となった。西谷良介、ラファという新加入選手も確実にゴールへつながる仕事を見せ、そのパフォーマンスに呼応するように、周囲の全員が高い能力をピッチで示しているだけに、湘南にとっては、「勝利」へのハードルがさらに上がったと言える。

 内村俊太、大德政博、植松晃都、小門勇太、ロドリゴ、鍛代元気、浦上浩生……果たして、湘南の生きの良い若手選手たちは、名古屋のタレントに通用するのか。今節は、湘南の現在地を知る戦いでもあるだろう。

DUARIG Fリーグ2017/2018 3
624日(土)
13:00 ペスカドーラ町田vsエスポラーダ北海道(町田市立総合体育館)
18:00 バルドラール浦安vs府中アスレティックFC(浦安市総合体育館)
625日(日)
13:00 アグレミーナ浜松vsデウソン神戸(浜松アリーナ)
13:00 バサジィ大分vsヴォスクオーレ仙台(ビーコンプラザ)
13:30 フウガドールすみだvsシュライカー大阪(小田原アリーナ)★AbemaTV無料ライブ配信
16:00 湘南ベルマーレvs名古屋オーシャンズ(小田原アリーナ)★AbemaTV無料ライブ配信

Fリーグ各節をAbemaTVで完全無料の生中継!

次節はフウガドールすみだvsシュライカー大阪、湘南ベルマーレvs名古屋オーシャンズの2試合を25日(日)に無料生中継!

625日(日)午後115分~ <視聴&通知予約>

<合わせて読みたい>
湘南のルーキー・小門勇太が流した涙の理由。クラブを支え続けた“おじいちゃん”に捧げた地域の勝利。

名古屋が吉川智貴の復帰のほか、ブラジル人2選手の新加入を発表! “本気の補強”の全貌が明らかに

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事