2017.06.16 Fri

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【動画連動解説】開幕戦の勝敗を分けた2本のFK。北海道ゴレイロ坂が語った、キッカー・アルトゥールとの心理戦。

坂が感じる“ゴレイロ”の難しさ

HND_4141

 3-0となった直後、坂は交代を命じられた。鶴岡、三浦との競争に勝ち開幕スタメンを勝ち取ったものの、悔しさの残る結果となってしまった。坂はフットサル転向2年目の19歳。札幌大谷高校サッカー部時代には全国選手権も経験し、PKを蹴るGKとしても話題となった選手だ。昨シーズンは転向1年目ながら徐々に出場機会を増やしていった。フットサルのゴレイロとして着実にステップアップを続けているように見えるが、開幕スタメンを奪うほどになった今でも、サッカーのGKとの違いに難しさを感じているようだ。

「サッカーの方がゴールは広いですけど飛んで来るシュートは結構単純というか。ミドルシュートとか、普通のシュートが多いですよね。それに比べるとフットサルは最終的に誰が打つか分からないことが多いですし、いろんな対応のやり方が身に付いていないと止められません。オフサイドも無いですし、今日のFKのように直前までいろんな選択肢があるので、フットサルの方が頭を使うことが多いと思います」(坂)

 この日の2本のFKは、現在の坂のウィークポイントが出た場面とも言えるだろう。フットサルの経験年数が短い分致し方ないことだが、まだ相手との駆け引きなどでは後手を踏むことが多くなってしまう。

「サッカーよりも近い距離からシュートが来る感覚とかボールの違いにはだいぶ慣れてきて、(フットサル転向1年目だった)去年に比べたら止められる回数は増えたと思います。ただそれはあくまでも対シュートが良くなったというだけで、コーチングやセットプレーの対応などについては課題が多いですね。実際に今日もそれで前半のうちに3失点しているので、まだまだだなと感じます」(坂)

 悔しさを滲ませながらそう語った坂だが、高いスキルや身体能力など、ゴレイロとして高いポテンシャルを持っていることは間違いない。U-20日本代表に選出されるなどその能力の高さに疑いの余地はなく、次世代を担うゴレイロとして期待されている。19歳という年齢を考えても、ここからの数年間の積み上げ次第ではフル代表入りも十分に狙える逸材だ。

 最後に「今回こういう経験をしたことでFKの守り方の引き出しも増えたと思うので、次回は違った対応をしたい」と雪辱を誓った坂。彼がこの1試合で得た経験は、実は他の誰よりも大きなものだったのかもしれない。

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第2節
6月17日(土)
15:00 ヴォスクオーレ仙台vsデウソン神戸(カメイアリーナ仙台)
6月18日(日)
13:30 シュライカー大阪vs府中アスレティックFC(住吉スポーツセンター)
14:00 エスポラーダ北海道vsバサジィ大分(函館アリーナ)
14:00 名古屋オーシャンズvsアグレミーナ浜松(武田テバオーシャンアリーナ)
16:00 湘南ベルマーレvsフウガドールすみだ(小田原アリーナ)
17:00 バルドラール浦安vsペスカドーラ町田(浦安市総合体育館)★AbemaTV無料ライブ配信

 

Fリーグ各節をAbemaTVで完全無料の生中継!

次節はバルドラール浦安vsペスカドーラ町田 を18日(日)に無料生中継!
6月18日(日)午後4時45分~ <視聴&通知予約>

<合わせて読みたい>
33試合186得点の最強軍団に死角はあるのか? Fリーグの“決勝戦”大阪vs町田を読み解く5つの視点。

 

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事