2017.04.17 Mon

Written by EDGE編集部

Fリーグ

大阪の永井義文が現役引退を発表!「僕の選手人生は最高に幸せでした」。

写真:本田好伸

 シュライカー大阪は永井義文が現役を引退することを発表した。永井は2008年にシュライカー大阪サテライトに加入。2010年、12年に全日本フットサル選手権大会優勝、昨シーズン(2016−17)はFリーグと全日本フットサル大会の2連覇に貢献した。2013年、2014年にはフットサル日本代表にも選ばれている。

ホーム開幕戦後に引退セレモニーが開催決定

 シュライカー大阪は永井義文が現役を引退することを発表した。

 永井はシュライカー大阪公式ホームページを通じて「私、永井義文は現役を引退することを決意致しました。今までたくさんの応援をありがとうございました」とコメント。

 サポーターやスポンサー、家族や友人、さらにチームメイトに向けて「どんなに辛い時でもいつも変わらず接してくれるみなさんに支えられ、挫けそうな時も熱い応援で背中を押してもらいました。みなさんと共に歩んだ僕の選手人生は最高に幸せでした。本当にありがとうございました」と感謝の気持ちをつづった。

 永井は1987年生まれの29歳。5歳でサッカーを始めると中学からはセレッソ大阪の下部組織に在籍した。フットサル転向を決意したのは大学時代。20歳でシュライカー大阪の門を叩くと、サテライトチームでドゥダ・ドス・サントス監督の指導を受け、2009年にトップチームに昇格。2度の全日本選手権優勝に貢献した。2014—15シーズンにはイタリアのフットサルチーム『FUT ISOLA』でプレーし、リーグ戦14試合に出場し10得点を挙げた。帰国後はシュライカー大阪に復帰。昨シーズン(2016—17)は、Fリーグと全日本選手権の2冠達成に貢献した。フットサル日本代表にもたびたび招集される華やかな経歴の裏で、怪我に泣かされ思うようにプレーできない時期もあった。

 永井はクラブ公式ホームページで「皆さんからいただいた応援と、シュライカー大阪、そしてフットサルやサッカーというスポーツからもらったこの御恩を、これからお返しできるように、様々な形で活動をしていきます。」と今後の活動についても触れ、シュライカー大阪のスクールコーチとしても活動していくことを発表。6月18日(日)に行なわれるFリーグのホーム開幕戦後に引退セレモニーの開催も決定した。

【ホーム開幕戦情報】
日程 2017年6月18日(日)
時間 13:30キックオフ
場所 住吉スポーツセンター
開門時間 12:30予定

<関連リンク>
永井義文選手 現役引退のお知らせ(シュライカー大阪公式ホームページ)

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事