2017.02.22 Wed

Written by EDGE編集部

Fリーグ

町田のサテライトチームが関東リーグ初昇格! 突き抜ける選手を求める育成哲学に迫る

突き抜けていくような選手を求めるアスピランチの育成哲学

HND_9267

 ピッチには喜びと安堵の表情を浮かべる選手の姿があったが、それでもそこに圧倒的な歓喜は起こらない。その理由を、アスピランチを率いる小川亮監督が説明する。デウソン神戸での監督経験もある小川監督は、トップチームを率いる岡山監督に師事して町田入りし、トップチームのコーチも務めている。「1年ずつ選手は成長しているが、ここがゴールではない。何人がトップに引き上げてもらえるか、彼らは良い結果を出してアピールできるような活躍をしていかないといけない」。リーグで上位を見据えると同時に、選手たちは虎視眈々と、Fリーグの舞台を狙い続けている。それこそが下部組織の存在意義なのだろう。

 そう考えたときにアスピランチのプレー水準は高く、現時点でFリーグでプレーできる素養を持つ選手は多い。ただし、それこそ森岡薫や金山友紀のような絶対的な武器を携え、相手に脅威を与えられるだけのインパクトを持つかどうかという点では、まだ不十分である。「エゴとまでは言わないが、自分が得意な場面を、チームプレーのなかでどうやってつくるのか、もっと考えてどんどん出してほしいと話している。チームとしてやるべきことはベースとして上げていかないといけないが、それと同時に、そういうものを壊して突き抜けていくような選手こそが面白いし、停滞感を打破できる。トップにいけばいくほど、チーム事情にしばられることも増えるが、そこはアスピランチでは強く求めていきたい」と、小川監督自身も選手のさらなる奮起を促している。

 “岡山DNA”を受け継ぐ選手たちは、自分たちの力で着実にステップアップを遂げてきた。現在、関東リーグ2部で戦う湘南ベルマーレの下部組織、PSTCロンドリーナ(2016シーズンに優勝し、来シーズンより1部に昇格)、府中アスレティックFCサテライト、バルドラール浦安セグンドに次ぐ4番目の“Fクラブ”として、彼らはこの先、どれだけ飛躍していけるだろうか──。

 なお、同日行われた関東フットサルリーグ参入戦、入れ替え戦の結果、神奈川県1位のバディランツァーレがNOVO MENTE(関東リーグ2部11位)を9-6で下して、こちらも関東リーグ初参入を果たした。また、1部2部入れ替え戦は、malva ibaraki fc(関東リーグ2部2位)がFCmm(関東リーグ1部8位)を6-4で下して、6シーズンぶりの1部復帰を決めた。

<合わせて読みたい>
【開幕直前インタビュー】町田・岡山孝介監督「若手が良い影響を与えてくれている」

甲斐への思いが溢れた指揮官。岡山監督「本当にひた向きに、全力で練習に取り組んでくれている」

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事