2017.02.15 Wed

Written by EDGE編集部

Fリーグ

甲斐への思いが溢れた指揮官。岡山監督「本当にひた向きに、全力で練習に取り組んでくれている」

写真:本田好伸

リーグ1位のシュライカー大阪を相手に5ゴールを奪い完勝を収め、すみだを上回り3位に浮上したペスカドーラ町田。また、この日、本拠地での最終戦となった甲斐修侍は、右コーナーキックから日根野谷のゴールをアシストするなどチームを牽引し、自らの引退に華を添えた。試合後、記者会見で甲斐への思いについて質問された岡山監督は、目頭を押さえながら有り余る感謝の気持ちを口にした。
(文・福田悠)

「みんなと一つになって戦えたんじゃないかな」

岡山孝介監督(ペスカドーラ町田)

――試合を振り返って。

ホーム最終戦でしたし、何より甲斐さんの町田での最後の試合だったので、勝つことができて本当に嬉しく思っています。ただ、リーグ戦最終節、そしてプレーオフと試合は続いていきますので、今日勝ったことをしっかり糧にしてまた練習から頑張っていきたいと思います。

――大阪がメンバーを落としてきたことを抜きにしても、今季2敗していた相手に3点差をつけて勝てたことは大きかったのではないでしょうか。監督が感じた手応えと、この終盤に来てのチームの完成度についてはどうお考えか教えてください。

チアゴとヴィニシウスがいなかったので、それによる戦い方の違いというのはあったと思います。ただそれでも、普段出場機会が少ない選手であっても奥田や村上などかなり力のある選手ばかりですし、それは今日も感じました。大阪は外国人だけで勝っているチームではないと思っているので、そういうチームに勝てたことは自信になると思います。終盤に来てかなりチームは仕上がってきていると思うので、この勢いを止めずにプレーオフまで突き進んでいきたいと思います。

――今日の試合は甲斐選手のホーム最終戦ということもあって、今季の中でもかなり良い雰囲気と内容の試合だったのではないか思います。岡山監督から見てその辺りはどう感じましたか?

皆さんもご存知の通りオールスターにも選ばれるような選手ですし、当然他の選手たちからの信頼もあるし、カリスマ性もありますよね。

周りの選手たちとしては、何とか勝って送り出したいという気持ちは強かったと思いますし、それが今日の良い雰囲気に繋がったと思います。出場時間があまり長くない選手もベンチでしっかり声を出して、チームが勝つために集中を切らさず一丸となって戦えていたので、それがしっかり表れていたと思いますね。

僕個人としても、もちろんそういう思いもあったんですけど、どの試合も最善を尽くして勝ちに行くつもりで取り組んでいるので、やっていることはいつもと変わらないです。ただ、気持ちの部分では、みんなと一つになって戦えたんじゃないかなと思います。

――試合後に岡山監督自身もグッと来ているように見えましたが、どんな思いでしたか?

(20秒間沈黙)ええ……、うんまぁ……。僕と甲斐さんは本当に良い関係を築けていると思っています。僕が監督になってから、甲斐さんは出場時間が少し減ってしまいました。

選手である以上、悔しさはあったと思いますし、それは選手なら当然のことなのですが、そんな中でも最後までふてくされたりすることもなく本当にひた向きに、全力で練習に取り組んでくれているので。そういう姿勢には本当に感謝したいし、あれだけ実績のある人がそういう姿勢を見せてくれたことで、チームに与えた影響も大きかったと思うし、すごく感謝しています。

そういったいろいろな思いがこみ上げてきてしまって……。そんな中、良い結果で終われたので、ちょっとグッと来てしまったところがあったんですけど。……そういう感じです。すみません。

<合わせて読みたい>
甲斐を中心に一枚岩となった町田。大阪から5点を奪い3位浮上!

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事