2017.02.14 Tue

Written by EDGE編集部

Fリーグ

「持ってる男」の右足が決勝点を演出。府中が1試合を残してプレーオフ進出を決める

5位でのプレーオフ進出に王手をかけた府中アスレティックFCと、今季下位に低迷するバサジィ大分との一戦。序盤は自力でのプレーオフ進出に向け、やや硬さが見られた府中だったが、前半8分にキャプテン皆本晃のラストパスを受けた柴田祐輔が左足でゴール右隅を射抜き先制。対する大分は、4分後にカウンターから森村孝志のゴールで追い付いたものの、地力で勝る府中が、後半、上福元俊哉のゴールで勝ち越し、そのまま試合終了。最終節を待たずに、プレーオフ進出を決めた。
(文・福田悠)

序盤は硬さが見られたものの、地力で上回る府中がしぶとく勝利

 この日行われた第32節を前に、5位府中の勝点は51。6位の浦安とは5ポイントの開きがあったため、大分に勝利すれば自力でのプレーオフ進出が決まる状況であった。依然、府中が圧倒的に有利だったとはいえ最終節までもつれ込めば何が起こるか分からない。そんな重圧もあってか、立ち上がりの府中の選手たちの動きには、やや硬さが見られた。

 しかし、前半5分過ぎから徐々に本来の府中らしさが出始め、キャプテン皆本晃や柴田祐輔が惜しいミドルを放ってリズムを掴むと前半8分、その2人の息の合ったコンビネーションからゴールが生まれる。左サイドに開いた皆本へ横パスを送った柴田がゴール前に抜けるフェイクから相手フィクソの前にケブラしてピヴォ当てを引き出すと、そのままワンタッチで前を向いて左足で強烈なシュート。これがゴール右隅に突き刺さり、府中が先制に成功する。

 プレーオフ進出の可能性がすでに潰えている大分も反撃に出る。前半12分、カウンターから右前に走り込んだ森村孝志にボールが渡ると、森村が前に出たゴレイロ田中の足元を得意の左足で冷静に抜き、すぐさま同点に。府中がやや押し気味に試合を進めたものの大分が少ないチャンスをモノにし、前半を1-1で折り返す。

 後半に入っても地力で勝る府中が攻勢、大分が守ってカウンターを狙う展開が続く。後半6分には味方のシュートのこぼれ球に皆本が詰めたが、ここはゴレイロ後村祐樹の素晴らしい連続セーブに遭い勝ち越しならず。

 やや嫌な流れになりかけていた府中だったが、その直後の後半7分に試合を動かす。左アラでボールを持った皆本が相手DFとの間合いを計りながらボールを持つ。この時、大分のゴレイロ後村からは盛んに「中を切れ!!」という大きなコーチングが飛んでいたが、皆本はそれでも強引に中へ突破。強烈な右足ミドルシュートがゴール左下を襲うと、反応した後村が弾いたこぼれを上福元俊哉が押し込み府中が大きな勝ち越し点を奪う。

 その後パワープレーから何度かピンチを迎えた府中だったが、白方秀和の決定的な右足ボレーにもゴレイロ田中俊則が素晴らしい反応で対応。最後まで同点を許さず、見事5位でのプレーオフ進出を決めた。

 昨シーズンは最終節でプレーオフ進出を決めた府中だったが、今年は1試合を残してプレーオフ進出が決まった。本来の力から見れば決して満足のいく結果ではないはずだが、シーズンが始まってからの山田ラファエルの退団など想定外の出来事もあった中、最後は地力を見せての突破となった。また、昨季のプレーオフには怪我で出場することができなかったキャプテン皆本晃が、前節の対名古屋戦に続きこの試合でも抜群の存在感を見せるなど着実に調子を上げてきている。ここ一番で頼りになる「持ってる男」の存在は、5位からファイナルラウンドに進出した昨季を上回り、歴史を塗り替えるためには不可欠だ。24日(金)の17時から墨田区総合体育館で行われる1stラウンドの対名古屋戦に向け谷本監督がチームをどんな状態に仕上げてくるのか、是非注目していきたい。

 敗れた大分は、今季18敗目となった。試合後、吉武監督が「細かいズレやミスが失点に繋がってしまった」と語った通り、3月に行われる全日本選手権に向け、特にディフェンス面での改善を目指す必要があるだろう。前述したとおり、後半の2失点目の場面ではゴレイロから盛んに「中!中!中!」と中へのドリブルを切るよう声が飛んでいたにも関わらず、皆本に簡単に中に入られてしまい、そのシュートの流れから勝ち越し点を許してしまった。警戒されながらもシュートまで持ち込んでしまう皆本の個の力が素晴らしいのは確かだが、その反面、「あれだけ警戒していた選手に、裏をかかれたわけでもなく案の定警戒していた形でやられてしまった」のではやはり上位勢に勝利するのは難しいはずだ。まずは19日(日)に本拠地大分で行われる対町田戦に勝利し、1年間応援してくれたサポーターに今季の集大成を見せたいところだ。

<試合結果>
府中アスレティックFC 2—1 バサジィ大分

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事