2016.09.12 Mon

Written by EDGE編集部

Fリーグ

連勝ストップの敗戦よりも内容が幼稚……浦安・藤原潤「レベルを上げないと、日本のフットサル界の成長にもならない」

フットサルのレベルがかなり低かった

藤原潤(バルドラール浦安)

——今日の試合を振り返って。

前半は僕たちのやりたいことがうまくいって勝っていたが、後半始まってすぐの僕のミスでゲームの展開をおかしくしてしまったのかなと。その後に逆転はできたが、結局、あのくだらない失点がなければ、僕らのペースでいけていたので、その失点が悔やまれます。そのなかでも、取って取られての繰り返しで、一時は僕たちが勝っていましたが、肝心なところでセットプレーからの失点や、退場者を出したところでの数的不利をうまく守り切れずに失点しまいました。退場も起こりえる状況ではありましたが、そのなかでもしっかり守り切れていればまた違った展開にできたのかなと。まだまだやらなきゃいけないことがいっぱいあると思いますし、せっかくのセントラルで、お互いにレベルの低い試合をしてしまった。もしかして、取って取られての展開は見ている方からすれば面白かったのかもしれないが、フットサルとしてはレベルがかなり低かったのかなと。お互いに幼稚な失点が多かった。僕らは今日は負けましたが、勝った大分ももしかしたらそう思っているかもしれないですし、もっともっと試合の内容、レベルを上げていかないと、日本のフットサル界の成長にもならないと思います。もっと僕ら浦安としては、質の高い試合をしないといけないです。それは勝ち負け関係なしに。あまりにも後半は幼稚な試合展開だったことが悔やまれます。しばらく中断期間に入りますが、ケガ人もいますし、今日負けてしまったこともありますが、またリーグ再開までに、良い質のフットサルができるようにチーム一丸となってやっていきたいと思います。

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事