2016.09.12 Mon

Written by EDGE編集部

Fリーグ

連勝ストップの敗戦よりも内容が幼稚……浦安・藤原潤「レベルを上げないと、日本のフットサル界の成長にもならない」

写真:本田好伸

チュス、ケニーという2人のスペイン人が加わった名古屋セントラルで連勝し、勢いそのままに臨んだ大分戦。前半を1-2でリードして折り返すと、後半は激しい打ち合いの末に逆転を許し、最後は5-7で敗戦。試合後の経験で藤原潤は、シーソーゲームの展開を勝てなかった悔しさよりも内容面に言及し、「幼稚な失点が多かった。内容、レベルを上げていかないと、日本のフットサル界の成長にもならない」と、自チームのみならず、相手チームに対しても警鐘を鳴らした。
(文・本田好伸)

新加入選手の精度が上がらなかった

米川正夫監督(バルドラール浦安)

——今日の試合を振り返って。

相手は個人能力が高い選手が何人かいて、そこに対しての対応など、いろいろと対策をしているなかで、一番大事なのは自分たちのフットサルの形をしっかりとピッチで出すことでした。深津(孝祐)が抜けて、(中島)孝があまり出られない状態だったので、攻撃の良い形を40分間、出せなかったかなと。新しく入った選手もいるので、そこの精度がなかなか上がらなかったのが敗因かなと。あとは、なかなか普段は起こらないような失点があったので、ああいうのが続くと勝利は難しいと思うので、細かいところを修正して、中断期間に良い準備をして、また試合に臨みたいと思います。

hnd_6811

——相手のセットプレーのDFで、特に新加入の外国人2人がいるセットで、簡単に間を通されるシーンが多かった。同時起用など、今後はどんな使い方をしていきますか?

単純に、合流から間もないところで、セットプレーもすべて覚えているわけではないですし、DFも、「チームとしてこうやろう」というものは伝えていますが、やはりまだ染み付いているものもあるので、なかなか思うようにはいかない部分もあります。そのなかでリスクを減らすためには、2人を同時に出して解決するのが早いと思っていたので、2人を同時に出すことをベースにしていました。当然、1人で出ることや練習で分けていることもありましたが、とりあえず中断前までは2人を同時に出そうと。これからの中断期間では、どう使うのが良いかは練習で確認しながらやっていきたいと思います。

<次ページ>
藤原潤コメント

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事