2016.08.19 Fri

Written by EDGE編集部

Fリーグ

名古屋移籍、日本代表デビュー、アジア王者……。28歳で大ブレイクを果たした安藤良平の”今”

写真:本田好伸

安藤良平の人生はたった3カ月で劇的に変わった。湘南ベルマーレから“常勝軍団”名古屋オーシャンズへの移籍。木暮賢一郎監督の下での日本代表デビュー。7月には初めての国際大会となるAFCクラブ選手権に出場して優勝。すさまじい勢いでフットサル界の階段を上り続ける28歳は、今どんな思いを抱いてプレーしているのか。
(文・福田悠)

新加入・安藤良平の今

 昨季終了後、チーム発足以来10年近くに渡りエースとして活躍してきた森岡薫を放出するなど、大幅な血の入れ替えを断行した名古屋オーシャンズ。

 メンバーが大きく入れ替わったことでリーグ序盤は勝ちきれない試合もあったが、7月のAFCアジアフットサルクラブ選手権制覇を経てチームは上り調子だ。Fリーグでは4連勝中で首位フウガドールすみだを射程圏内にとらえた。

 そんな中、新加入ながらも着実に存在感を増している選手がいる。湘南ベルマーレから加入したFP安藤良平だ。ペドロ・コスタ監督が獲得を強く望んだというその男は今、新天地でどんな思いを抱きながらプレーしているのだろうか。

<次ページ>
フットサル転向2年でFリーグに

1 2 3 4

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事